あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

ROMA 110 OPEN

IMG_5362.jpg

ナヴォーナ広場付近で見たかわいいお店たち。



IMG_5352.jpg





IMG_5354.jpg

イタリアで強く心に残ったことのひとつ、 外のテーブルで楽しそうに食事する光景。




IMG_5355.jpg

日影でも関係ないらしい。 この雰囲気好きです。




IMG_5353.jpg

生きることを楽しんでいるんだな って感じます。




IMG_5366.jpg

朝から歩きどおしで疲れてきた私たちは・・・ (どこから撮っているかわかるかな?)



IMG_5512 (2)

そう! 前日に乗るつもりだった ローマ110オープンというバスがちょうど目の前で停まったので、これに乗っちゃえ~ ということで 2階席に座っているのですよ。

このバス、どこの停留所からでも乗れて、車内でチケットを購入できます。
16ユーロで24時間乗り降り自由。

私たちは翌日の朝空港へ向かうため、実際には4~5時間くらいしか利用できないので損なんですけど、バスから眺めるローマってのも体験してみたかったんですよね。

しかも、主要スポットは夜の間ライトアップされてとってもきれい!
おまけにイヤホンガイド付きです。(日本語もあります)

ささっと見てまわるにはバスが一番ですね~




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴールデンウィーク、高速道路は予想通り混雑しているようですね~
私は地元でおでかけ、地味~に楽しく過ごしておりますw

ゴルキチ主人は今日もゴルフに出かけ、大変興奮して帰ってきました。

なぜなら・・・ ホールインワンを出したのでした~!!
もちろん初めての経験です。

私の父も数十年前にホールインワンをやっちまいまして、ご祝儀やパーティーやと大変なことになったんですよ。(当時は保険なんかなかったと思います)

今回はコンペではなく義弟とふたりでセルフのラウンドだったので、何の証明も出ないのですね^^;
散財もない代わりに、スコアカードとボールと思い出がすべて。
それでも友人や息子に報告してニマニマしてますわ(笑)

Posted by 0ねね0 on  | 8 comments 

2階建てバスから眺めるローマ

IMG_5397.jpg

ナヴォーナ広場の近くで乗り込んだ ローマ110オープンバス、こんな形をしています。

寒くても暑くても 頑張って2階に乗りましょう!
途中で乗り降りがありますから、狙っていれば2階席確保は難しくないと思います。
ただし、イヤホンガイドのジャックが壊れている席多し。。 イタリアだなぁw

ではバスから眺めたローマ市内をどうぞ・・・




IMG_5363.jpg

発掘作業はいつでも現在進行形らしい。



IMG_5367.jpg

ヴェネチア広場にさしかかるところ。
遠くからの眺めもいいからこんな風に樹木の枝を払ってあるんですね、だんだんわかってきました。



IMG_5369.jpg

ヴィットリオエマヌエーレ2世記念堂。
あんな上の方に上れるとは気がつかなかったな。



IMG_5370.jpg

ローマの道は結構複雑!!
碁盤の目でも放射状でもなく、すごく入り組んでいる上にアップダウンもあるのです。
そして横道を入ると驚くほど狭くて暗かったりします。



IMG_5380.jpg

この辺が高級ホテルが立ち並ぶ ヴェネト通りだったかなぁ??
こういう風にお花を植えてある所って、意外と少なかった気がします。



IMG_5387.jpg

この通りは、数百メートルに渡って街路樹がオレンジの木でした!



IMG_5389.jpg

レプブリカ広場の噴水。
この日の朝ここから地下鉄に乗ったのでしたね。

ずーっと向こうに光って見える建物がローマテルミニ駅です。



IMG_5395.jpg

バスはテルミニ駅の前、五百人広場に着きました。
ここは市バスのターミナル(テルミニ)でもあります。

110オープンバスはここを起点に10~15分間隔で出発します。

私たちは夜のローマを見るために、もう1周することにしました。



IMG_5398.jpg

横を見るとこんなバスが!
atacとありますね。 これもローマの市バスのひとつなんですね!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



私くらいの歳になりますと、アンチエイジングに熱心な方もおられるわけですが、私自身はそれほど年齢に抵抗する気はなかったんです。

でも、これはすごい!!

IMG_6529 (2)

もうやってるよ という方もいらっしゃるでしょうね。
実はこれ、歯のホワイトニングの薬剤です。

ホワイトニングにもいろんな方法があるらしいですが、歯医者さんと相談して2週間のホームホワイトニングというのをやりました。
自分の歯型に合わせたマウスピースをあつらえて、そこにこの薬剤(過酸化尿素)をちょちょっと塗り、毎日数時間はめておくというもの。
多少不快感はありますが我慢できる程度です。

個人差はあるでしょうけど、私は1回目から効果がわかりました。
3回目くらいで歯は真っ白ぴかぴか~~ 口元がちょっと若返ります(笑)

クリニックでやってもらう、機械を用いたオフィスホワイトニングというのもあるのですが、そちらは効果の持続が短いのだとか。
ちなみに私がやった方法では、1年程度は白さをキープできるそうです。
気になったらまた薬剤のみを買って自宅でホワイトニングできますよ♪


Posted by 0ねね0 on  | 6 comments 

ローマ ライトアップ

IMG_5416.jpg

ローマの観光スポットは夜になるとライトアップされて、昼間以上に美しくなります!
バスならひとまわり1時間半くらいで安全かつラクラクですね。

暖かい日でしたがさすがに11月、夜のオープントップバスは風が冷たい~
一度ホテルに戻って帽子、手袋、ストールを取ってきたんですよ^^

ほとんど貸し切り状態。
あたまからすっぽりストールを巻いて頑張ってます(笑)



IMG_5403.jpg

この日3度目のヴィットリオエマヌエーレ2世記念堂。
ここはロータリーのようになっているらしく、このあとも2度ほど通ることになるのでした。




IMG_5404.jpg

こういう建物、すてきだな~

そういえば、「MUJI」のお店もありましたよ。
おしゃれなイタリア人にも受け入れられるシンプルデザインなんですね。




IMG_5406.jpg

マックもやっぱりオープンカフェ。




IMG_5412.jpg

これ、コロッセオです(汗)

ライトアップされたコロッセオはそりゃあもう美しいんですよ!
でも写真撮るのは難しかった。。
バスのスピードを少し落とす なんていう配慮はなしですから^^;




IMG_5426.jpg

テヴェレ川にかかるサンタンジェロ橋と、サンタンジェロ城です。

最近テレビで映画 「天使と悪魔」 の宣伝やってますね、あれにこの橋が出てきますよ。




IMG_5428.jpg

バチカンも夜は雰囲気変わりますね~

もっといいアングルのとか、城壁の切れ目の写真とかもあったんですけど・・・ 夜景モードで脇を締めて撮ったんですけどね、ブレますね。。


このあとポポロ広場も通りました。
時間が許せばぜひ歩いてみたい場所でした。




さてさて、バスを降りたらもう8時くらいになっていました。
イタリア最後の夕食をどうしようか。
「ここからホテルに向かって歩いて、一番最初に見つけたレストランに入ろう」



IMG_5440.jpg

というわけで入ったレストランは、明るくてお客さんがいっぱいの活気あるお店でした。

ポルチーニのピザ。 人生最高のピザでした!!
ローマのピザはクラストが薄くてパリパリなんですが、この店のはもっちりしたナポリ風に近い。
私はナポリ風のが大好きなんです~

ポルチーニ、この旅で何回食べたのでしょう(笑)
完全にはまりましたw


まわりの皆さん、ピザはナイフとフォークでお上品に食べてらっしゃるんですね。
ボーイさんに、「シェアしたいのでお皿をもらえますか」 と言ったら、にっこり微笑んでピザを下げちゃった!
「なんで?」と思っていたら、ピザを8等分に切ってきてくれたんです。
とっても親切ですね~★




IMG_5442.jpg

チキンのローストを注文したら丸ごと出てきた~!
これはいくらなんでも食べきれませんでした。。
(しかもなんでローマでチキンやねん!笑)



明日は帰国です。 ホテルに戻ってパッキングしなくちゃ。

Posted by 0ねね0 on  | 6 comments 

さよならイタリア

とうとう帰国の日になってしまいました。
イタリア楽しかったなぁ~

IMG_5444.jpg

フィウミチーノ空港までは レオナルドエクスプレスという直行列車で向かいます。
チケットはローマに到着した日に買っておいたのでした。



IMG_5446.jpg

これは空港を利用する人のための列車なので、ストライキの日でもこれだけは運行するって聞いています。
そしてイタリア名物の遅延もほとんどないんですって。(やればできるんじゃんww)

旅人用だけあってスーツケース置き場も広いし、空港まで約30分。
ローマは送迎不要ですね。



IMG_5454.jpg

朝早く出てきたので、空港で朝食。
旅行中何度も何度もパニーニを目にしたのに まだ一度も食べていなかったわ。



IMG_5449.jpg

バリューセットみたいなメニューを注文。
主人はツナとトマト、私はハムチーズサンド。
ドリンクはなんと、「あそこの冷蔵庫から勝手に取って行って」って言われました!



IMG_5450.jpg

こんがり焼いてくれるんですが、う~ん これはおいしいのか??



IMG_5453.jpg

食後にちゃんとエスプレッソがついてくるのがイタリアらしいですね。


さて用心深い私たち、とっても早く空港に着いてしまったのですが、ローマのフィウミチーノ空港はすてきなお店がいっぱいあって、朝8時くらいにはオープンするのです。
最後のショッピングを満喫~♪



IMG_5456.jpg

KLMオランダ航空でまずはアムステルダムに向かいます。

ここで出た機内食はハーブたっぷりのクスクス。
山羊のチーズらしきものが入っていて個性的なお味。 私は好き。 



IMG_5461.jpg

スイス上空。 素晴らしい眺めに感動。
反対側の座席ならマッターホルンが見えたそうです。残念!



IMG_5462.jpg

行きにも乗り継いだスキポール空港。
このエスカレーターを上がった所にマックがあるのよね。(憶えてるかな、ぶじこちゃん^^)



IMG_5464.jpg

ここからついに関空へ向かって飛び立ちました。
機内食もぐっと日本っぽくなってます(笑)
これは鶏の照り焼きだったかな。



IMG_5466.jpg

ビーフシチューにもご飯が付くんですね。(インディカ米だけど^^)

このあと例によって希望者にはカップラーメンやアイスクリームが配られ、



IMG_5467.jpg

ついに最後のお食事となりました。
小さなパンケーキの下にはたっぷりのリンゴジャムが敷かれています。
その奥はオムレツ。 白いのはヨーグルト。


これにてイタリア旅行2008年は終了です。
自分たちでプランを練り、心に残る旅ができてとっても満足しています。
ブログにおつきあい下さった皆さま、ありがとうございました!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


毎年恒例の絵画教室の発表会。
今年はますます生徒さんが増えました。
大きな会場を借り、講師を招いて講演をお願いし、盛大な会になりました。

IMG_6430.jpg

私は設営のお手伝いのために皆さんよりひと足先に会場に入りました。



IMG_6421.jpg

他の方たちの力作を見るのはすごく刺激になります。
こちらは色鉛筆画クラスの方の作品。
デッサン力と根気が必要ですね~



IMG_6551_20090512210515.jpg

私はフィレンツェの風景画を出展しました。

イタリアで撮った写真を元に、たくさん描いています。
描くことしか上達の道はありませんから頑張ります^^



Posted by 0ねね0 on  | 8 comments 

「天使と悪魔」みて来ました

昨日から公開の映画 「天使と悪魔」 みて来ました~
面白かったです!
時々 息をするのを忘れるくらい(笑)

内容に関しては玲小姐さんみたいに完璧には紹介できないので割愛しますが^^;、バチカンとローマの見覚えある場所がたくさん出てきて楽しめました!

IMG_5243.jpg

ねじれた柱のこの教皇の祭壇は何度も出てきましたね。


IMG_5288.jpg

サンタンジェロ城も大事な場面で登場しました。

撮影禁止のシスティーナ礼拝堂はどうやらセットで撮ったらしいですが、天井画と壁画もちらっと見えますよ。
あの場所でコンクラーベをするのですねぇ。

洋画は断然字幕でみる派なのですが、この映画に限ってはわざわざ吹き替えを選んでみました。
理由は、画面の隅々まで見逃したくないから(笑)
DVDになったら絶対もう一度みたいです^^




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



元々イタリア料理ずきですが、「イルコラッジオ」 というお店と出会ってから手打ち生パスタのおいしさにやられちゃってる私です。

どれもこれも全部おいしいのですが、今日は2つだけ紹介します。

10139763040.jpg

トルテッリという指輪形のパスタ。



d0023425_232348.jpg

いわしとほうれん草とマスカルポーネが入っているそうです。
びっくりするくらいおいしい~



o0400026610171534781.jpg

耳たぶの形のオレキエッテというパスタ。 しこしこです。
何気ないソースにもアンチョビの風味が効いていたりして、プロの仕事だなぁ。

勉強家のシェフがいる店は通っていて楽しい!!

(このごろ外食で写真を撮らなくなっているので、画像はHPから拝借しました)


・・・・・・・・・・・

ここで思い出したイタリアこぼれ話をひとつ。

旅行中レストランで食事したあと、「お勘定お願いします」 を意味する 「イル コント ペルファボーレ」、毎回主人が言ってくれていて、これだけはしっかり暗記していました。

ある時ローマの洋服屋さんで店員さんにセーターを見せてもらっていたんですが、値段がわからない。
私が「これいくらか聞いてみようか?」と言ったら、主人ったら店員さんに向かって 「イル コント ペルファボーレ」 って言っちゃった!
つい言い慣れた言葉が出てしまってびっくり、大笑い^^;
もちろん値段を聞きなおしてから買いましたよ~


Posted by 0ねね0 on  | 8 comments 

ロンドンに向け出発~

3月18日から8日間の日程でロンドンに行ってきました。
次女とふたりだけの旅は初めてです。


私のまわりにはイギリスファンが多くて、どんなにすてきな国かを熱く語ってくれるので、行ってみたいなぁと思っていたのでした。
次女も去年短期留学した場所がスコットランドだったので、ロンドン観光をしていないことが心残りだったとか。


長く続いたばからしいほどのポンド高が終わって、行くなら今がチャンスかなと考えていたところ、次女が余ったポンドをまだかなり持っているということが発覚。
(まさかこんなに下がるとは思っていなかったから随分目減りしたようなものですが)


加えて、イタリアへ行った時はひとり往復6万円くらいかかっていた燃油サーチャージが半額近くにまで下がった! (4月1日からはゼロに近い額になりましたが、次女の学校の関係で4月は無理でした。。)


ということで話はすぐにまとまり、大急ぎでプランを練っていざ出発~



IMG_5645.jpg

ヨーロッパへ行くならやっぱり体力的に楽な直行便が一番。
今回はヴァージンアトランティック航空を使いました。

こんな機内アメニティが配られます。 靴下までありますよ。


行きの飛行機は空席がちらほらあって、私の隣の席も空いていました。 
当然そっちも使わせてもらってラクラク~ ラッキーでした!



IMG_5642.jpg

ブランケット、えりぐり付きです。 肩が冷えません^^
ひょっとして Virgin Atlantic のVの字を意識してる??



IMG_5647.jpg

えへへ、KLMじゃなくても相変わらずハイネケンを飲んでいたんですね^^

コーラやソーダはVirginオリジナルなんですよ~



IMG_5649.jpg

機内食が4種類から選べるのが自慢みたいです。

和食の松花堂弁当には、竹の皮に包んだ炊き込みご飯がついているんですよ、おいしそうだったけど私が選んだのはこれ、チキンフリカッセのマッシュポテト添え。



IMG_5651.jpg

娘のはミートボールのペンネ。

こうして見ると、手の込んだ機内食とは言えませんね。



IMG_5652.jpg

夜中に配られるアイスバー。



IMG_5653.jpg

これも暗がりの中CAさんが「いかがですか」ってバスケットを差し出してくれたのでもらったスナック。

2種類のマフィンかと思いきや、黄色いシールが貼ってあるほうは 「いなりずし」 でした!!(爆笑)



IMG_5654.jpg

朝食は洋食と和食から選べるのですが、和食はまさかのかき揚げ丼(笑)

これはきつい。 日本人は朝食にかき揚げ丼を食べませんってorz


こうして一路ロンドン ヒースロー空港へ向かうのでした。


Posted by 0ねね0 on  | 10 comments 

ロンドン到着

飛行機は定刻より1時間も早くヒースロー空港に着陸しました。ありがたいわぁ。

イギリスの入国審査は厳しいっていう評判ですが、べつにそんなことありませんでした。
むしろ、家族はまとめてやってくれるので合理的。


空港からロンドン市内までは一番安価な地下鉄で移動することにしました。
ホテルの最寄り駅までピカデリーライン1本で行けるので大変便利。

一番安価とは言ってもロンドンの地下鉄はとっても高いんです。 初乗りが4ポンドですよ!
円高の昨今でも500円以上、去年の秋以前なら約900円!

オイスターカードIMG_6377 (2)

このオイスターカードはパスモのようなチャージ式のプリペイドカードです。
これを使うと割引になる上に、1日の利用運賃の合計が一定金額を越えた場合それ以上は課金されないCappingというシステムを採用しているので、安心して乗れるんです。
ロンドン名物ダブルデッカー(市内バス)にも利用できるので、旅行者にとっても必須アイテムですね。


空港ターミナル駅の切符売り場で 「オイスターカードください」 って言ったら、窓口のおじさんに 「How many ダイズ are you going to stay?」 って聞かれました。
ダイズ=days です。 おお~イギリス英語の洗礼(笑)




オイスターカードのケースIMG_6375

なぜか黄色いIKEAのケースに入れてくれます。
デポジットに3ポンド払いますので、帰国の際にはカードは回収されるのですが、このケースは返却不要。
毎日使った旅の友のような存在で、見るとロンドンを思い出すんですよ^^





e10.jpg

さあ、ここから乗り込みますよ~


Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 

ホテル

空港から地下鉄でロンドン市内に来た私たち。
車窓から見える郊外の風景のきれいだったこと!!
かわいらしい家が並ぶ住宅街はまさに絵本の中の町のようです。
「イギリスに来てみてよかったなぁ~」としみじみ。


e12.jpg

さあ、ホテルの最寄り駅 「ラッセル・スクエア駅」 に着きました。

改札を出るとたくさんの人が行き交い、歩道にキオスクの屋台があったりしてにぎやかです。




e13.jpg

駅の向かいにはスーパーマーケット 「TESCO」が! これはうれしい。
庶民的なスーパーで、自社ブランドのお菓子なども出している大きい会社みたいです。
ばらまきお土産や自宅用の紅茶などはこちらで購入^^



e20.jpg

駅からホテルまでは歩いて3、4分ほど。
歴史を感じさせる立派な建物がごろごろあって驚きました!
こんなかっこいい街で暮らせる人がうらやましいよ~




e21.jpg

何気ないのにステキな雰囲気の公園、想像していたイギリスがここにある(笑)
あとでぜひ来てみましょう。




e17.jpg

さて、今回のお宿は 「ロイヤル・ナショナル ホテル」です。
主婦と学生のふたり旅ですので価格優先。
ホテルは寝るだけと割り切って、Bランクから選びました。


これが大失敗(涙)
立地はとても良いし、清潔、広さもまあまあ、バスタブ付きでお湯はじゃんじゃん出る、と ここまでは合格。


ところが、ホテル1階と中庭にあるパブで 深夜に外国人たちが飲んで騒ぐ!
奇声をあげたり、夜中の3時にトランペット吹くやつまでいたりして。。
私たちの部屋は7階だったんですが、中庭の声が壁に反射してこだましているような状況。
毎日3時間くらいしか眠れませんでした。


質素でもいいけど、せめて宿はぐっすり眠れる所でなくてはね~
ネットの口コミではいろんな悪いことも書いてあったけど、このパブのことを書いてる人はひとりも見なかったんですよ。不思議~
価格重視のホテル選びは難しいなぁ。課題です。

Posted by 0ねね0 on  | 6 comments 

ラッセル・スクエア

e23_20090525210149.jpg

ホテルにチェックインしたら即、本日の観光に出かけます!

赤い電話ボックスがイギリスらしいですね~
ミニチュアの置物とか、これをモチーフにしたグッズがたくさん売られていました。
携帯電話が普及しても、このボックスは町の名物のひとつとしてずっと残ってほしいな、街がかわいくなるから。





e24_20090525210155.jpg

「ラッセル・スクエア」。

これから行く場所は、この公園を横切ると近道なんですよ。





e27_20090525210202.jpg

花もいいけど、むこうに見える建物がいいでしょう~




e28_20090525210208.jpg

こういうアイアンの柵があって半地下構造になっている家、あこがれるわ~♪

この写真ではよく見えませんが、窓辺にお花を植えている家や商店がたくさんあって、本当にすてきでした。


娘がスコットランドで見たらしいのですが、通りに沿ってハンギングバスケットがたくさん吊り下げてあって、夕方になると給水車がホースで水やりしてまわるんですって!
さすがガーデニングの国ですね。




e29_20090525210214.jpg

この建物とお店を見たとき、「イギリスすてき!!」と思ってものすご~くワクワクしました(笑)
赤いお店の前には大きなテディベアがいますよ。



e30.jpg

さあ、目的地に到着しました。
世界的にも超有名なこの場所、どこだかわかりますか?

Posted by 0ねね0 on  | 8 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。