Post image

ミケランジェロ広場

フィレンツェはどんより曇り空。 雨が降ってこないうちに、真っ先に行きたい所があります。SMN中央駅前から市バスに乗ります。 切符は乗車前に販売ブースで購入します。切符を買うと、立派なバス地図がもらえます。「往復を2枚」 と言ったら、一枚の裏おもてに4箇所打刻スペースがある 不思議なチケットを渡されました。乗車したらすぐにバスの中の刻印機で2箇所に(ふたり分だから)自分で打刻し、70分間乗り降り放題となり...

Post image

ドゥオモ

ミケランジェロ広場からの眺望を楽しんだ私たちは、再び13番の市バスに乗ります。バスは途中から小学生でいっぱいになりました。たぶんインターナショナルスクールに通う駐在員の子供たちなのかな、どの子もアメリカンイングリッシュでおしゃべりしていたもの。中央駅まで戻り、ここからは徒歩でチェントロ (中心部のこと。英語で言うところの center) を観光します。フィレンツェの市街地は狭く、主要スポットはドゥオモを中心...

Post image

クーポラ

ドゥオモの内部は厳かな大聖堂。一番奥の天井画は、16世紀後半にヴァザーリ (ウフィッツィ美術館を建設した人)などの芸術家たちで描いたフレスコ画です。題材は 「最後の審判」。なるほど、天国と地獄が描かれているようですが、想像以上に天井が高くて 細かい部分まではよく見えないんですね。で、持参した双眼鏡でじっくり見ましたよ~首が激しく疲れました。ドゥオモのクーポラとジョットの鐘楼、どちらも上にのぼることが...

Post image

GROM & 13gobbi

クーポラからおりたら喉がからから。フィレンツェにもおいしいと評判のジェラート屋さんが何軒もありますが、その中でも 「自然派」 を売りに最近すごく人気らしいのがこちら 「GROM」 です。ドゥオモ正面の道を入ってすぐのわかりやすい場所にありました。まずはカップかコーンどちらにするか決めて、サイズを選びます。 これは小さいカップですが、2種類までジェラートを選ぶことができます。「コン パンナ」と言うとホイップク...

Post image

フィレンツェ2日目

フィレンツェ2日目の朝です。昨夜の大きなTボーンステーキ、太田胃散のおかげですっかり消化しました(笑)きゃ~、朝から甘いものどっさり! うれしいです^^日本ではだいたい毎朝ブランフレークに豆乳をかけて食べてる私。(家の者からは 「エサ」 と呼ばれています^^)生ハムと生サラミがやっぱりおいしい~シャンペンは無料だけど、温かいオムレツは別料金なんですって。イタリアは元々朝食を重視しないから、これでかなり...

Post image

フィレンツェ中央市場 その1

さて、私がぜひ訪れたいと思っていた所とは 「フィレンツェ中央市場」。食通の街フィレンツェの台所をこの目で見てみたい!ドゥオモからほど近い、街の真ん中にそれはありました。まずは2階から見てみましょう。駅舎か体育館のような切妻屋根ですが、ようく見るとアイアンの装飾がきれいでしょう?!ここに何十という業者が店を出していますが、日本の市場で見られる 「いらしゃい、いらっしゃい!」といった威勢のよい呼び込み...

Post image

フィレンツェ中央市場 その2

中央市場1階は お肉屋さんが中心のフロアです。イケメンが牛の解体中。 あざやかな手際です。肉加工品の種類の多さ!!塊のものは、スライスで何枚という注文ができるらしいです。骨付きハムにチーズ。この国に長くいたら確実に太る自信あり。このお店かわいくないですか~?!ハムの真ん中に金色の丸いものがついてます。 何だろう??奥にびっしり並んでいるのはプロシュート (生ハム)ですね~牛の臓物。 こんなに大きい...

Post image

シニョーリア広場

一旦ホテルに戻って中央市場で買ったお土産を置き、再びてくてく歩きます。目指すはベッキオ宮殿のある シニョーリア広場。これがヴェッキオ宮殿。 フィレンツェ共和国の政庁舎だった建物です。一時メディチ家の住居だったこともあったんだそうです。現在は一部を市庁舎として使用しています。ドゥオモが祝祭の中心なら、政治と文化の中心はここシニョーリア広場なんですね。ミケランジェロの 「ダビデ像」は修復中? 残念。。丘の...