Post image

ショーペロ

今朝の新聞を見てびっくり!ベネチアが大変なことになってるんですね!!高潮で市街地全域が冠水して、商店もレストランも閉まり、水上バスも運休、旅行者はホテルに閉じ込められているそうです。近年 冠水が頻発していたとは聞きますが、今回のは高潮が156センチと 史上2番目の高さなんだとか。温暖化やボートのスクリューの影響による地盤の軟弱化など、本当にベネチアが水没してしまうのではととっても心配です・・・(以...

Post image

ベネチアのホテル

今夜泊まるホテル、「パラッツォ・プリウリ」 です。ベネチアのホテルは古いものがほとんどです。ここも プリウリ宮という貴族の館を改装した 4つ星のヒストリカルホテルです。昔はここで舞踏会などが催されていたんだそうですよ。島で一番にぎやかなサン・マルコ広場に近く、ロケーションは最高でした。シャンデリアはベネチアングラスなんですって。この奥に、鏡台を置いたお化粧コーナーがあります。奥の2枚の絵がちょっと不気...

Post image

ベネチア 朝食

貴族の霊が出てくることもなく (笑) ぐっすり眠り、6時に気持ちよく目覚めました。時差ボケも全くナシ。 黒柳徹子さんが 「ヨーロッパへ行くときは 飛行機の中でひたすら眠る」 とおっしゃっていたので、それに従ったところ、すこぶる体調が良いです。中庭にもテーブルがありましたが、寒かったのでこちらで。 一番乗りかな?数種のパンとシリアル、卵、シチュードフルーツ。ケーキやチーズ。おいしかったのは生サラミ。 香辛料が...

Post image

迷宮

他のどことも似ていないユニークな町 ベネチア。元々はラグーナと呼ばれる干潟に 長さ10メートルを越える丸太の杭を大量に打ち込み、その上に基礎を築いて作った人工の島、それがベネチアです。 使用した丸太の多さから、「ベネチアを逆さにすると森になる」 と言われるそうですよ!100を越える島の間を運河が張り巡らされ、400以上の橋がつないでいます。自動車が通れる道路は1本もなく、運河を行く船が交通手段。 人が歩...

Post image

お店いろいろ

今日は ベネチアで見かけたお店の一部を紹介しますね。大きなストリートがあるわけではなく、こんなに狭い道に商店が建ち並んでいるわけです。私でも知っているような有名ブランドのお店も、こういう感じで小ぢんまりとあるんですね~ベネチアにブランド、似合わない。。もっと似合わないものがあった!! フェラーリのお店です。車は一台もいないんだってば~(笑)この店、私には関係ないわ~ と思って入らなかったのですが、やっ...

Post image

大鐘楼

ベネチアの政治、宗教、文化の中心地 「サン・マルコ広場」。ここにある大鐘楼に上って ベネチアを一望してみます。地面に水が溜まっているのがわかりますか? 雨が降ったわけではありません。 これこそが アクアアルタ (高潮) によって、排水溝から逆流して 湧き出るように溜まってしまった海水なんです!水を避けて歩けるように 一段高く作った歩道が見えるでしょう。次の写真で 実際に歩いている人たちをご覧下さい。鐘楼は朝...

Post image

サン・マルコ広場

前回、「大鐘楼の鐘は鳴らないだろう」 みたいなことを書きましたが、調べてみるとやっぱり鳴らしているんだそうです!!「てっぺんで聞けたら体の芯まで響く鐘の音を体感できる」って ガイドブックに書いてありました(笑)さて、上からベネチアを一望したあとは、「サン・マルコ寺院」 を見学します。その名のとおり、聖マルコの遺骨を祀るために建てられました。当時地中海貿易の中継点として繁栄したベネチアは、今度は権威を手...

Post image

リアルト橋

ベネチアでサン・マルコ広場と並ぶにぎやかな所、リアルト橋に行ってみましょう。と言っても、歩いてわずか5~6分の近さです。 道が迷路のように入り組んでいて迷子になりかけたとしても 10分ほどで着いてしまいます。 橋の周辺は商店が密集するにぎやかな地域です。 (ぜんぜんにぎやかに見えませんね~実際ベネチアではこの雰囲気です。)この辺りだったか忘れましたが かわいいアクセサリーのお店があって、娘たちと自分用...

Post image

市場

リアルト橋近くに、市場があります。旅先で市場を見るのが大好きなので、レストランの人も仕入れに来るという午前中に行ってみました。想像していたより大きな市場で、店の数も多いです! 色つやの良いおいしそうな野菜や果物がいっぱいです。 初めて見る野菜もたくさんあります。美食の国なんだなぁ~買ってみたいけどキッチンがないし、だいいち全部キロ単位です^^; これ毎日船で運んでくるのですね~ 海の幸は近くで豊富にと...

Post image

今年もありがとう!

子供たちが帰ってきて、いよいよ慌しくなってきました。しまい込んであった大皿を出して、ネットや料理本を見てごちそうを考え、買い物メモを作り・・・伝統的おせちはほどほどにして、若い子むけの肉料理と、金沢のおいしい魚介類。定番になにか新しいメニューをプラスしたいと思って頭をひねっています。今年も私の 『あこがれ』 におつきあいいただきまして 本当にありがとうございました。みなさんのブログにおじゃまするの...