Post image

川沿いの高級ホテル

チャオプラヤー川沿いには、かの「オリエンタル・バンコク」をはじめとする、高級ホテルが建ち並んでいます。どうやらあれは 「ペニンシュラ・バンコク」らしい。ハワイなどのリゾート地では オーシャンビューとか言って海側が高級ですが、ここらもやはり川に面したお部屋がお高いのでしょうね。色のわりには臭いのない川でよかったですね~^^どうですか、この豊かな水! どれだけ深いのか濁っているので わかりません。おしゃれ...

Post image

多彩な建物

チャオプラヤー川から眺める景色は多彩な魅力にあふれています。近代的な高層ビルは、この低い位置から見上げるとよりいっそう高く、違った感じに見えます。そうかと思えば、寺院でしょうか、はたまたレストランでしょうか、五重塔が見えたり、こんな建物があったりします。このあたりはチャイナタウンに程近いので、こういった中国風の商店やレストランがあるのでしょうか。そして、いかにもタイらしい寺院も、川から眺めてくださ...

Post image

川のお掃除

ボートはぐんぐんスピードを上げて進みます。「ラマ1世橋」 ほんと、「ラマ○世」と名の付く橋や道路が多いんです。日本にも 「明治通り」はじめ、明治や昭和が付いた学校や企業なんかもたくさんありますけど、そこから天皇を連想はしませんね~どうですか、この波しぶき! スピード感が伝わるかなぁ?ボートの前の方に車に似たエンジンがむき出しで付いているんですけど、このエンジン音が気持ちよかったですね~聞くところによる...

Post image

涼しげなお家

タイで無数に見た高床式の民家と、川の中に建つ民家。日本にはない風景に心奪われました^^チャオプラヤー川の両側にも、こんな家がたくさん並んでいます。この2階建ての家はコンクリートの柱で基礎を作ってあるようです。川に突き出した白っぽいブロック造りの部分はトイレット?こちらは木の基礎のように見えます。腐ったりしないのかなぁ??川の中に家を建てるのって、とても技術のいることだと思うのですが、涼しいことがメ...

Post image

有名なワットが見えてきた!

左手にひときわ大きなお寺が見えてきました。「ワット・アルン」です。船の中からでも一目でわかる特徴的な大仏塔!想像以上に高くそびえ立って美しいです~!!さあ、ここで一旦船を降りて見学です。うわ~、観光客でいっぱいです!お土産物屋さんがずらりと並んでいますよ~ゾウの置物、タイシルクのバッグや小物、アクセサリー、お香のセット、木彫りの製品など、どこの店も似たような品揃えです。私は小さな木彫りの象を買いま...

Post image

信州 秋の味覚

連休最後の昨日、長野県に遊びに行ってきました。あいにくの小雨でしたが、信州の美しい景色とおいしい食べ物を満喫してきましたよ~お昼はマツタケご膳。 焼きマツタケ、鍋、マツタケご飯などなど。「善光寺」過去11回もの火災に見舞われた国宝の本堂は、最後に再建されたのが宝永4年(1707年)ということで、今年がちょうど300年目に当たります。色とりどりの幕を掛けて盛大にお祭りしていました。本田善光が開いたこ...

Post image

ヤックとモック

さあ、 「ワット・アルン」に近づいてみましょう。トンブリ王朝のタクシン王がこの寺を王朝の菩提寺として 「ワット・チェーン」(夜明けの寺)と名付けたのが始まりで、その後ラマ4世の時代より 「ワット・アルン」(暁の寺)の名になりました。大小の仏塔が並ぶ大きなお寺です。ひときわ高くそびえ立つ大仏塔。 高さ81メートル、基台の周囲が240メートルもあるそうです。細かい模様は、中国製の彩色陶器の破片を1枚1枚手で...

Post image

高所恐怖症なのに~

ワット・アルンの階段はむちゃくちゃ急勾配です!!上の方は特にすごい角度なので、慎重に上ります。 冷や汗タラ~ ほらこのとおり。 手すりがなかったらアウトですね  下りるとき後ろ向けになって下りてる人もいましたよ~ 狭い所に大勢がひしめきあってます。 上からの眺めはいいですね~ ワットの建物がきれいです。さっき船を降りた船着場も見えますよ。芝生や丸く刈り込んだ植え込みもきれいだったんですね。気が付かなかっ...

Post image

川に住んでいる・・・

ワット・アルンをあとにした私たちは再び船に乗り、こんな民家などを見ながら進みます。家の前にはこういった船着場が作ってあり、自家用ボートの乗り降りをするようですね。おやおや? 私たちの船に、手漕ぎボートが近づいてきますよ。船がエンジンを止めると、ボートをぴったりと横付けにして、商売を始めましたよ~反対側にも、合計3そうのボートが取り囲み、さかんに 「ヤスイヨー、オイシイヨー」^^いろんなものを売って...

Post image

お洗濯日和

ナマズにパンをやり、モンキーバナナやヤクルトを買った私たちは、またまた上流に向かって進みます。毎日がお洗濯日和。 大きなマットもジーンズもすぐに乾くのでしょうねぇ。おっと、こちらのお母さんはどうしたのかな??鉢植えがいっぱいのお家ですね~  バケツやボウルもたくさん干してあります。働き者のお母さんが出てきそうですね^^こんな風にたくさんの植物を育てて楽しんでいる家庭もたくさん見かけました。一番すご...

Post image

どっちの屋根でショー?

先日、物売りボートとナマズのお話をした時に、誰かさん は 「ヤクルトなんかよりナマズをその場で調理して売ればいいのに」 と言っていたっけ。実はこんな写真も撮影してきたのです。 ボートの上に鍋みっつ。鍋の中身は遠くて見えなかったのですが、ひょっとしたら・・・??船はUターンして進みます。2階建ての家もありますね。 水の上に上手に建てるものだと感心してしまいます。電柱も水の中にありますね。ワット・アルンの...

Post image

王室御座船

この大きな建物は、 「王室御座船博物館」 。この中には、ゴージャスな王族専用のお船が納められているのです。これでは全然わからないので、資料画像をごらんください。昨年プミポン国王在位60周年記念式典の後、チャオプラヤー川で王族の船など56艘がパレードをしたそうです。それはそれは素晴らしく華やかなものだったようですよ!それにしても、在位60周年ってすごい。 随分若くして王位に就かれたということですね。・...

Post image

バイバイ、チャオプラヤー川

延々と旅を続けて来ましたチャオプラヤー川クルーズも残念ながら終点が見えてきました。思い返せばいろんな民家を見ましたね。 やたらと植木が多い家、バケツやボウルがいっぱい干してある家、下着のまとめ洗いをしたらしい家・・・  みんな生活感溢れて興味深かったですね。最後の家は、発泡スチロールの箱が大好きな家ですよ^^ナマズを市場に持っていく時にでも使うのかしら??こちらは有名な 「タマサート大学」 。 タイ...

Post image

少し歩きますよ

次にバスを降りたのは、こんなワットの前でした。「ワット・ラチャブラナ」(だと思う・・・ いい訳になりますが、タイのワットはどれもこれもこんな屋根なんです~写真を頼りにあとでガイドブックやインターネットで調べようと思っていたのですが、てんでムリでした^^;ほらほら、昨日のBKKさんのアユタヤの日記にも同じような屋根が見えますよ^^)このワットには立ち寄らず、ここから少し歩きます。 道の真ん中でムービーカ...

Post image

黒い顔の集団

先月広島県で開催された 「日本女子プロゴルフ選手権・コニカミノルタカップ」の写真が届きました。4日間に渡る熱戦の結果、飯島茜選手が優勝しました。 ピンクの服の女性です。ちなみに2位は横峯さくらちゃん。白い帽子のおじちゃん、おばちゃんは皆大会ボランティアの人たちです。前にも書いたことがありますが、スコアの計算、ギャラリーの整理などたくさんの仕事がこういう人たちによってなされているらしいです。ゴルフの勉...

Post image

フラワーマーケット

バスを降りて少し歩き、向かった先は、「フラワーマーケット」ワットや祠にお供えする花の市場です。と言っても花だけでなく、いろんな屋台がびっしりと通りの両側を埋めたにぎやかな市場です。豊富な野菜ですね。 暖かくて雨も多いから作物がどんどん採れるのでしょうか。おいしいタイ料理が発達したのもうなづけます。BKKさんが撮ってきたのと似た犬がいますね・・・ 現地のおばちゃんたちもお買い物。何を買ったのでしょうね?...

Post image

眠らない市場

フラワーマーケットの正式名称は 「パーククロン市場」というそうです。年中無休、24時間営業なんですって~!!(店にもよりますが)市場のある通りは、国旗と王旗がはためくにぎやかなストリートです。観光地としても既に有名になっているこの市場、買い物している地元民らしき人も見かけはしましたが、 BKKさん に教えていただいたところによると、お客のメインは屋台のオーナー。 材料の調達にこの市場を利用しているらしい...

Post image

花がいっぱい!

「フラワーマーケット」の名前の由来、お供え用の花の屋台が やっぱり一番たくさんあります。蓮のつぼみ。 とっても綺麗でしょう!!  大きな蓮の葉でくるんで袋に入れてありますね。巨大寝釈迦仏に私がお供えしたのも、こういう蓮のつぼみでした。つぼみ1本と黄色いロウソク、お線香、金箔がセットになっていましたね~前にもご紹介した、お供え用の花輪。 「プアン・マーライ」と呼ぶようです。街角や民家の庭先の祠や、車の...

Post image

果物もいっぱい!

市場には当然、南国フルーツの屋台もた~くさんあります。この大きな実は 「ジャックフルーツ」 ですね。写真を撮った時はこの果物のことを知らなかったので、ドリアンかと思っていたのでした。帰国後ブログ仲間の方にジャックフルーツのことを教わり、調べてみたら何とこれではありませんか!ああ、食べてみればよかったなぁ~大きいものは大人の頭ふたつ分、重さは30kgを超えるものもあるのですって!!落ちてきた実に当たっ...

Post image

屋台スイーツ

市場にはおいしそうなスイーツの屋台もあります タイの市場や屋台で売られている昔ながらの独特なお菓子は、色とりどりで形がかわいらしく、2、3口で食べられる小さめサイズ。もち米やココナッツ、タロ芋などを使った素朴なものが多いです。ここにたくさん並んでいるのは、ココナッツを使ったお菓子のようですね。手前左にちらっと見えるのは、ココナッツミルクで作ったパンケーキです。後日ダムヌン・サドゥアック水上マーケッ...