あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

ただいま☆

DSC00275.jpg
元気に帰ってきました!!

まずは帰国のご報告まで。
落ち着いたらゆっくり旅行のお話を始めますね♪


Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 

ジェットコースターのような旅☆

DSC00010.jpg
次女が勤続4年目にして初めて長期の夏休みをもらえそうだというので、一緒にヨーロッパの旅をすることになりました。
行先はかねてより興味のあったスペイン。
乗り継ぎのアムステルダムで2泊のストップオーバーもすることにしました。

KLMのエコノミーコンフォート席は、片道13000円弱のプラスでシートピッチが広くてリクライニングの角度も大きいというもの。
前の座席に膝が当たることもなく快適に眠ることができたし、一般のエコノミーとはカーテンで区切られているので若干静かです。
専用のトイレもあって、それなりに利用価値ありだと感じました。



DSC00012.jpg
今年は次男の結婚式や孫の誕生、家の一部のリフォームなど うれしくも慌ただしい日々が続いていました。
娘も仕事で忙しい毎日なので、旅行はゆったりペースで疲れ過ぎないようにしようと思っていました。
それなのに・・・



DSC00021.jpg
タイトルを見て「何のことだろう?」と思われたことでしょうね。
実は今回の旅、すっごく楽しかったんですけど、波瀾万丈(?)でもあったのです^^



DSC00023.jpg
いつものように時系列で話を進めようかとも思いましたが、記憶が鮮明なうちにざっと記録しておくことにします。



DSC00027.jpg
旅の出だしからしてハラハラでした。
羽田から成田へリムジンバスで移動中、事故のために高速道路が渋滞していて一般道を使うことになったのですが、そこでも事故多発。 私が見ただけでも6件! 大きく遅れるのではないかとひやひやしました。

そして旅の3日目、アムステルダムからバルセロナに移動する日のことです。
アムステルダム中央駅からスキポール空港に向かう列車の中で発車を待っていると、「この列車は運休します。他の列車に乗り換えてください」というアナウンス。
ヘンなのと思いながら別のホームから乗って空港へ到着しました。

空港で、指定された時刻に出発ゲートに行ってみると、私たちの乗る予定の便がモニターに表示されていません。
ゲートが変更になったのかなと思い職員に尋ねてみると、「トランスファー2へ行け」と指示されました。
そこでトランスファー2なる場所へ行ってみてびっくり仰天!!
何百人か何千人かわかりませんが、とにかくおびただしい数の人々が列を作っているんです。
よくわからないまま私たちも最後尾を捜して列に並びました。
周囲から聞こえてくる情報によるとどうやら『サンダーストーム』が原因で、スキポール発着のほぼ全ての便が欠航または遅延となっており、その時点で滑走路は閉鎖状態。ひとつの便も発着していないとのこと。

あとでわかったことなんですが、列車が運休したのも暴風で倒れた木が線路をふさいだためだとか。
トラムも止まっていたらしいです。
えーー?!!私たちは一度も雨や風に当たっていないし、空港の窓から外を見てもおだやかな曇り空にしか見えなかったのですが、おそらくその周辺では大変なことになっていたものと思われます。
帰国後に調べてみたところによると、『ここ100年で最もひどい嵐』だったんですって!!

スキポールを利用したことのある方には想像できるかもしれませんが、あの巨大なハブ空港で全便が止まってしまったらどんな大混乱になるか。
私たちにできることは、WEBでrebooking(予約変更)するか、列に並び続けてたった5つのカウンターで振替便の手配をしてもらうのを待つことだけなんです。トライしてみたものの私の便は運悪くWEBでの変更不可でしたので、並ぶほかありませんでした。
時々KLMの社員がやってきてはみんなの質問に答えたり、オランダ名物のストロープワッフルを配ってくれたりはしましたが、列は遅々として進みません。

午後4時20分から並び始めて、10時50分くらいになった頃、KLMの人が信じられないことを言いました。
「残念ですが11時で私たちは帰ります。明朝5時半から再開しますので、自分でホテルを手配して泊まってください。料金はあとで請求してくれれば上限150ユーロまで払います」
これにはさすがに今まで割とおとなしく並んでいたみんなが激しく怒りました。
でも11時15分で本当にカウンターは閉まり、何百人という人を前に夜通し総力をあげて処理するということはなかったのでした。。

私たちはというと、やっとあと25人目というところまで進んでいたので、この場を離れてホテルに泊まるなど到底できるはずもなく、私は列に並んだまま荷物を運ぶ小さなカート下段の斜めになったパイプに空港にあった小冊子を敷いて座り、娘は椅子を捜してそこで寝ました。
途中で交代して私も椅子で寝ましたが、この日のアムステルダムは震える寒さで、まともに眠ることなどできませんでした。
冷たい床に直接寝る人、どこかから段ボールをもらってきて敷いている人、多くの人たちがこのように空港内で夜を明かしました。

翌朝5時半を少し過ぎてゆっくりと業務が再開され(最初はカウンターひとつしか開かなかったんですよ。5つ全部開いたのいつだったかしら?)、私たちが振替便の搭乗券を手にできたのは7時をまわっていました。
もちろん、私たちの後ろにはものすごい数の人たちがまだ並んでいたんですよ。

あの大混乱の中で、大切な娘にプチホームレス体験をさせてしまい、本当にかわいそうなことをしたと思ったのですが、娘は案外タフで(さすが私の子^^)、ものすごく疲れはしましたが何とか解決したことを喜び合いました。
そして軽い朝食をとったあとは搭乗時刻まで椅子で眠りこけました^^;

結局午前10時10分の便に乗せてもらえ、バルセロナにたどり着くことができたわけですが、悪い予感的中、スーツケースが出てきません。。
ついにベルトコンベアーが止まってしまったので、ものすごく分かりづらいKLMのカウンターを捜して事情を話すと、奥の部屋に通されました。なんと、振り替えられた乗客の荷物はそこにまとめられていたんです。
まったく、そうならそうと知らせてほしいわ!

遅延のせいで被った不利益はいろいろあります。
ホテルには電話しておきましたが、当日だったので空港で寝た夜の料金は当然払わされました。
楽しみにしていた1日目のバルでの夕食は、空港のサンドイッチに変わりました。。
翌日9時のチケットを購入してあったサグラダ・ファミリアには間に合わないことが決定しました。。
何より旅行では一番貴重な『時間』を無駄にしました。。

天候のせいなのでしかたがないけれど、KLMの処理能力のあまりの低さには正直苛立ちを感じました。
それでも、なんとか元気にバルセロナに到着でき、スーツケースも無事に手元に戻ったときには、心からほっとしました。

でもここで終わりならジェットコースターと言うほどでもありませんかね?
実は最終日にもうひとつ面白いことがあったのです^^

空港での写真と最終日のことは、ブログを進めながらまたお話しますね☆



Posted by 0ねね0 on  | 2 comments 

アムステルダム到着

DSC00028.jpg
アムステルダムは寒~い!!
涼しいと予想して長袖を用意してきたけれど、これで大丈夫か不安になってきました。
折しも空港内のお店がセールの真っ最中。 娘はたった10分でなかなかシックなコートをお手頃価格でゲットしました。ラッキー☆
これを買っておいてよかったと後日しみじみ思うことになるのです^^;


スキポール空港からアムステルダムの中心部へは、電車で移動です。
所要わずか20分。
今更ながら成田空港へのアクセスって最悪ですよね^^;



DSC00029.jpg
1時間に6本あるので、乗り継ぎ時間が3時間あれば、ぱぱっと市中心部くらいは見ることができるかもしれませんね。



DSC00216.jpg
アムステルダム中央駅。
大きくてと~ってもきれい☆
東京駅のモデルとも言われているそうです。



DSC00035.jpg
赤レンガに要所要所の金がすてきです~



DSC00036.jpg
ホテルへは徒歩圏内ですが、スーツケースもあるのでここはトラムを利用しましょう。



DSC00030.jpg
チケット売り場はどこかな~?



DSC00037.jpg
あそこの建物の中です!
48時間乗り放題のチケットを購入しました。



DSC00038.jpg
旅行者にとってトラムは本当に便利ですね。
わかりやすいし、地下にもぐらなくてもいいし、景色も楽しめます☆
いくつか先の停留所までモニターに表示されるので、降りそこなうこともなく安心です^^
48時間券は元を取れないかもしれないけれど、乗るたびにチケットを買う煩わしさを思えば(しかもお札の使えない券売機も多いとか)便利さを買うのが正解かな。





Posted by 0ねね0 on  | 2 comments 

ホテル&夕食

DSC00209.jpg
オランダでの宿泊は、West Cord City Centre Hotel。
いつものようにBooking.comで予約しておきました。
中央駅から近すぎず遠すぎず、大通りに面した中から選びました。
実際に行ってみた感じとしては、アムステルダムは小さな街なので観光地図に載っている範囲ならどこに泊まっても便利さに大差はなかったかもしれません。




DSC00212.jpg
なかなか感じの良いホテルだったと思います。
でもアムステルダムのホテルはおしなべて値段が高い!!




DSC00211.jpg
ここにした決め手は、ホテルの目の前にトラム乗り場があること☆
これは本当に便利でした。




DSC00042.jpg
お部屋は狭いです~。。 でも静かで快適でした。
寒いので暖房をつけてみたけれど、冷風しか出てこない。。マイナスポイント。。



DSC00043.jpg
バスルームの扉がガラス張りの丸見えなのは、ヨーロッパでは当たり前??
お部屋とバスルームを隔てる壁までもがガラスなのは、ここが初めてかな?^^;



DSC00146.jpg
ネスプレッソがあるのはちょっとうれしいです^^
引き出しに紅茶もありましたよ。



DSC00055.jpg
窓からの眺めは、オランダらしい建物。 かわいいです♪

朝食は付けなかったのでわかりません。
周辺にはレストランや商店が山ほどあり、早朝から開いていて便利でした☆




DSC00045.jpg
トラムに乗ってダム広場近くの『ブラッセリー・デ・ポールト』へ。
ここは昔ハイネケンの工場だった場所で、オランダ伝統料理がおいしいとガイドブックに書いてあったのです。
入口が左右ふたつあり、それぞれにひとりずつお店の人が立っていました。
「ハイネケン ファクトリー?」と尋ねてみたら、それなら左だと案内されました。

まずは当然ハイネケンを注文♪
窓の外には王宮の壁が見えます☆




DSC00048.jpg
むちゃくちゃすてきでしょう~~!!
時間が早いのでがらがらですが、このあとにぎわってきます。




DSC00053.jpg
メニューを見て あれれ????
食べてみたかったスタンポットやエルテンスープといったオランダ料理はひとつもなく、普通のバルメニューって感じです。
右の店が正解だったみたい。。。
でもでも! この牛肉のカルパッチョとキヌアのサラダがとってもおいしかったんです☆




DSC00051^
寒がり次女が空港でゲットしたコートというのがこれです☆
大人っぽく見えるよ^^ とってもすてきでした☆


Posted by 0ねね0 on  | 2 comments 

ダム広場~スパウ広場

DSC00059^
アムステルダム2日目。

街の中心、ダム広場にやってきました。
13世紀にアムステル川をせき止めてダムが建設された場所で、アムステルダムという都市名の由来となりました。
ひときわ大きくて立派なこの建物は王宮です。



DSC00061^
右奥はマダムタッソー蝋人形館。
左の方に見える白い塔は、第二次世界大戦の戦没者慰霊碑です。

ダム広場は春になると移動遊園地がやってきてにぎわう場所なんですね。



DSC00069.jpg
マダムタッソーの裏手には等身大のジョニー・デップさまが^^



DSC00065^
さて、ホテルの朝食を付けなかった私たちはおなかがぺこぺこです^^;



DSC00066^
ついついおいしそうなものにつられて店頭へ引き寄せられますが、ぐっとがまん。



DSC00064^
さすがチーズの国オランダ。
専門店が街のあちこちにたくさんあります☆



DSC00071^^
CHEESE&MOREというこのお店、よく見かけました。
3階までチーズのディスプレイがびっしり!
オランダらしいお土産も売っている楽しいお店です。
かわいらしいデルフト焼き風の木靴に入ったチョコを購入しました。



DSC00074.jpg
ここもチーズ屋さん。
世界一平均身長の高い国になったのはチーズのおかげ?



DSC00075^^
細い路地が入り組むこのあたり、建物を見ながら歩くだけで心が満たされて行きます♪



DSC00076^
こんなにきれいな街に住んでいる人もいるんだなぁ~



DSC00085.jpg
目的のSpui(スパウ)広場が見えてきました。



DSC00078.jpg
今日は金曜日。
知らなかったんですけど、



DSC00086.jpg
毎週金曜にはブック・マルクトが開催されているみたい☆
古本や古い絵画、版画、写真などが大量に売られています!!
大興奮で版画と水彩画を物色し、インスピレーションで1枚購入しました♪



DSC00087^
スパウ広場の一角で、やっと朝食にありつけました~☆
オランダ人の大好物を売っているスタンド、『ヨンク』です。



DSC00090.jpg
開店直後なのでまだ商品が出揃っていませんが、お目当てのハーリングは今まさに並べられている最中。
よかった~☆
このためにお腹をすかせて来たのです^^



DSC00094^^
これがオランダ人の大好きなハーリング(にしんの塩漬け)です!
Hollandse nieuwe(新にしん)と呼ばれるのは、脂が乗り切った春から初夏にかけての限定品。
パンに挟むこともあるけれど、地元の人たちには丸ごとのハーリングに玉ねぎを付けて、尻尾を持ちあげ下からかぶりつくのが流儀だそうですよ!
まろやかでとってもおいしいです☆
でもちょっと生臭いので、私は半分で十分^^ 残りはお魚大好きの娘がおいしいおいしいと食べてくれました^^


Posted by 0ねね0 on  | 2 comments 

アムステルダム国立美術館

DSC00100.jpg
トラムに乗って次に向かうのは、アムステルダム国立美術館。
ウェブで時間指定なしのチケットを購入済みです。



DSC00102.jpg
美術館前には広いミュージアム広場が広がっていて、ゴッホ美術館や市立美術館もこの広場に面して建っています。
今回訪問するのは国立美術館だけなんですけどね。
(写真は美術館の外にあるミュージアムショップ)



DSC00103.jpg
広場わきには屋台のテントがずらり。
その中に、



DSC00104^
食べてみたかった『ストロープワッフル』のお店発見!



DSC00105.jpg
薄く焼き上げたオランダ風ワッフルに、とろとろのキャラメルソースを挟んでくれます。



DSC00108^
できたて熱々♪ おいしいです☆
大きいから食べごたえもバッチリ!
コーヒーを注文したら、小さなストロープワッフルも付いてきました^^



DSC00109^
日本でも人気のミッフィーちゃんは、オランダの生まれなんですよね。
今年生誕60年だそうです。 若く見えるね^^
面白く変身したミッフィー像がたくさん並んでいました。



DSC00110^
民族衣装ミッフィーと記念撮影。



DSC00113^
『I amsterdam』のサインです!! テレビでみたことあります☆
娘も文字の中に入ってたくさん写真を撮りました☆



DSC00116.jpg
私たちはブラウス、カーディガンに冬用のコートまで着ているというのに、こちらの人たちの薄着にはびっくりです。
短い夏を楽しんでいるという感じでしょうか。
でもそもそも肌感覚の違いはありますよね。3月のフロリダで夜プールに赤ちゃんを入れていたくらいですから、欧米人は寒さに強いのでしょう。



DSC00117.jpg
いよいよ美術館に入ります♪ 立派な建物ですね~!!



DSC00118.jpg
エントランスを入るとすぐにカフェと、その下の階にはミュージアムショップが見えてきました。
このショップがとっても充実していて、帰りにたくさんお買い物しました☆



DSC00120^
ゴッホの自画像。
表情は厳しいのに、色が濁ってなくてとてもきれいでした☆
ゴッホのくねくねしたタッチがあまり好きではないとずっと思っていたけれど本物はすごく素晴らしく、私の食わず嫌いのクセはいいかげんやめないといけないと感じたのでした^^;



DSC00121.jpg
長崎の出島の模型や絵画もありました。
鎖国中も交流のあった特別な国がオランダでしたもんね~
蘭学という言葉もあるくらいだし。
それにしてはオランダのこと今まであまり知らなかったです^^;



DSC00123.jpg
ナポレオンに占領された歴史もあったんですよね。



DSC00124^
これは絶対に見なければの レンブラント『夜警』。



DSC00125^
オランダ絵画の部屋はとりわけ美しいです☆



DSC00126.jpg
フェルメールに影響を与えたというピーテル・デ・ホーホの作品。



DSC00129.jpg
フェルメールの風景画は2点しか現存しないんだそうです。
そのひとつ『小路』。
風景だけど生活を感じる、見ていて飽きない面白い絵です。
色も落ち着いていてすごく好き。




DSC00128^
一番すごいと思ったのは、やはりこれでした!!
風俗画としての価値とか構図とか技法とか、いろいろあるんだと思いますが、素人の私でも引き付けられる魅力と、圧倒的な写実力。 特にパンの描写がすごいです。
ずっと眺めていたいくらい素晴らしかったです☆




DSC00130.jpg
階段室のステンドグラスもきれいでした。



DSC00132.jpg
さよなら、国立美術館。 楽しませてもらいました。



Posted by 0ねね0 on  | 2 comments 

シンゲルの花市&クロケット

DSC00133.jpg
ミュージアムショップでたくさん買い物したので、一旦ホテルに荷物を置きに戻ります。
48時間チケット活躍してます^^



DSC00161.jpg
そして再び出かけて街歩き。
運河が張り巡らされた街並みは絵のように美しいです!!



DSC00136.jpg
水との戦いの歴史だったこの国。
「世界は神がつくった。 オランダはオランダ人がつくった」 という言葉があるそうです。
本当に人間の叡智は素晴らしい。



DSC00141.jpg
アムステルダムの建物って、少し傾いているんです。横にも前にも^^
前に傾いているのは、突き出た滑車を利用して上階へ家具を運ぶためなんですって☆



DSC00142^
お店に立ち寄りながら散策していると、シンゲルの花市に出ました。



DSC00144.jpg
シンゲル運河沿いにずら~~りと並んだ花の市場です。
オランダらしくたくさんの種類のチューリップの球根がありました。



DSC00083.jpg
今朝ハーリング(にしん)を食べたスパウ広場に戻って来ました。
ここには、アムステルダムで一番おいしいと評判のクロケットを出すカフェがあるのです。
『カフェ・ルクセンブルク』、ここでお昼にします。



DSC00148.jpg
やっぱり人気はテラス席。



DSC00150.jpg
寒がり娘は店内を希望^^



DSC00157^
牛肉入りクロケットに、マスタードマヨネーズが添えられています。
カリカリとろ~り。これがオランダの国民食なのね~
日本のクリームコロッケとさほど変わらないけれど、スパイスづかいが外国の香りです☆



DSC00158.jpg
海老のビスク。
サワークリームと、なんとチリソースが隠し味。
風変りだけどなかなかいけます^^



Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 

アンネの家&マヘレの跳ね橋&夕食

Bln6QKsTLLxYaEJM5peZ.jpg
次に訪れたのは『アンネ・フランクの家』です。
実際に隠れ家として使用していた建物がミュージアムとなっていて、世界中から平和を願う人たちが見学に来ています。

ウェブでチケットを購入しておいたので待ち時間はゼロ。
そうでなければ長い長い列につくことになります。(写真はウェブサイトからお借りしました)

アンネたちが暮らしていた部屋そのままが復元されていると思っていたので、博物館化していることが少しイメージと違ったけれど、本棚の後ろの隠し階段などは当時のままの姿を残していました。
ここで実際に若い2年間を暮らしたこと、食糧などを運ぶ協力者の存在があったこと、とてもかわいそうな最期だったことなどに、かわいらしいアンネの写真や肉筆の日記を見ながら思いを馳せました。
争いをやめない人間のどうしようもない愚かさを嘆きながら・・・



DSC00166.jpg
美しい街並みと、個性的なショップを見て歩きます。



DSC00168.jpg
オランダは起伏の少ない地形なので、自転車が本当にたくさん利用されています!!



DSC00169.jpg
街と自転車がよく似合う☆



DSC00084.jpg
専用のレーンがある道路も多いです。



DSC00171^
道路にも橋にも駅前にも、どこにだって自転車が停めてあります。
ちゃんと持ち主がいるんだろうか?と疑ってしまうくらいすごい台数なんです。




DSC00172.jpg
だって乗っているより、停めてある方が多いんだもん?



DSC00180.jpg
きれいな鐘の音が聞こえてきました。



DSC00181.jpg
おしゃれな界隈は人でいっぱい!!



DSC00183.jpg
トラムに乗って、もう一か所見てみたかった所にやって来ました。



DSC00187.jpg
あれはボートハウスですね。 住み心地満点だとBSでみたことあります。



DSC00188.jpg
見えてきました☆



DSC00189.jpg
『マヘレの跳ね橋』です。
ゴッホが描いたのはフランス・アルルのだけれど、故郷であるマヘレの跳ね橋を懐かしんで描いたと言われているんですって。



DSC00192.jpg
跳ね橋の近くにきれいなカフェがあったので、入ってみることにしました。



DSC00195.jpg
寒さにも少し慣れてきたので、気分を出してテラス席にしてみましょうか。



DSC00196.jpg
串刺しのチキンのインドネシア風。
昔オランダの植民地だったことからインドネシア料理もおいしいとガイドブックに書いてあったので注文してみたのですが・・・^^;



DSC00198^
牛フィレのステーキ マッシュルームソース。
こちらは無難においしかったです^^


Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 

半日トリップに出発

DSC00207.jpg
アムステルダム3日目。
7時半頃だと思うんですけど、ひっそりとしてますね~



DSC00208^
昨夜下見しておいたホテル近くのお店に朝食を買いに来ました。
果物の他、店内にはパンや飲み物、お菓子、



DSC00205.jpg
お土産によさそうなストロープワッフルやクッキーもあります。



DSC00214.jpg
チーズのサンドイッチと、



DSC00215.jpg
サラミサンドを買ってきました。 どちらも硬めのパンがとてもおいしい☆
飲み物はお部屋のネスプレッソです。



DSC00228.jpg
甘いベルギーワッフルはあとでバスの中で食べましょう^^



DSC00216_20150805225806bb4.jpg
そう、今日はアムステルダム近郊の町に半日トリップです☆

ホテルをチェックアウトし、スーツケースを預けて出発~♪

バスの乗り場は駅に入り、



DSC00217.jpg
お店がたくさん並ぶ通路を進み、



DSC00218.jpg
奥のエスカレーターを上がった所。



DSC00223.jpg
すご~く広いバスターミナルになっています。



DSC00227.jpg
私たちが乗る391番バスが来ました☆
チケットはドライバーから買うことができます。

電車でも行けるのですが、バスの方が目的地の目の前で降りられるので便利なのです。



DSC00229.jpg
オランダの田園風景を眺めながら40分ほどで到着!
帰りのバス時刻を確認。 4時間足らずしかありませんが、目いっぱい楽しみますよ~☆


Posted by 0ねね0 on  | 2 comments 

ザーンセ・スカンス

DSC00230^
バスに乗ってやってきたここは、『ザーンセ・スカンス』。
オランダへ来たなら一度は風車を見たいねってことで。
アムステルダムからバスでわずか40分です。



DSC00232.jpg
かつてはこの地方に500基もの風車があったんですって!!
現在は5基のみですが、周辺がちょっとしたテーマパークのようになっていて見ごたえあります☆



DSC00233.jpg
入場は無料、各風車の見学は有料のものもあり。
各社がバスツアーを出していますが、すごく高いです。
路線バス1本で簡単に行ける場所なので、個人で行くのがおすすめですね。
ガイドブックには電車のアクセスしか書いてありませんでしたが、下車後の徒歩を考えるとバスが圧倒的にラクです。

広大な敷地! 半日しかない私たちは見たい所を絞ってまわる必要がありそうです。



DSC00234.jpg
この橋を渡った所から、かわいい風車の世界が始まります^^



DSC00236^
世界中から観光客が来ているみたい。
家族連れがとっても多いです。



DSC00237^
チーズがおいしい国はアイスクリームもおいしいに違いない ということで、寒さに震えながら食べてみました(笑)
よくある普通のソフトクリームでしたw



DSC00244.jpg
長い列を作っているここは、


DSC00245.jpg
ぜひ見たいと思っていたチーズ工房です☆



DSC00250.jpg
チーズの製造工程の説明のあとは、



DSC00252^
隣接の売店に通されて試食~♪
トリュフ入りのゴーダチーズのあまりのおいしさに悶絶^^ 私も娘もお買い上げ☆
きれいな模様入りのチーズスライサーもゲットしました。



DSC00253^
オランダ土産もたくさん並んでいて、ついついあれこれ欲しくなります。



DSC00293^
これぞ私が見たかったオランダの風景☆



DSC00264^^
こちらの風車小屋の中に入ってみましょう。



DSC00268.jpg
風車の力を利用して粉を挽いています。
ものすごく重そうな石のミル!これを動かす風の力ってすごい!!

挽いた小麦粉は袋詰めにして売られていました。



DSC00272^
急な階段を上っていくと、



DSC00273.jpg
巨大な歯車を間近で見られます!



DSC00275_20150805234301ea3.jpg
それを動かしているのがこの風車。
ここから見るのは迫力ありますよ~!
風向きに合わせて風車の軸を人の力で回し、風が正面から当たるように調節するんです。
自然の力を利用して水を治め、営みを続けてきたオランダ人はなんて賢いんでしょう☆



DSC00287.jpg
こちらはチョコレートショップ。
お土産屋さんもたくさんあるのです。

工具の形をしたチョコレート、おもしろいでしょう~



DSC00288.jpg
パッケージが美しい板チョコ。



スペイン、オランダ旅行_4338
!!



DSC00290^^
壁を埋め尽くすチョコの型!! 芸術的~♪



DSC00295^
あじさいがとてもきれいだったアンティークショップ。
ユニークなものがたくさん売っていました。



DSC00296.jpg
ザーンセ・スカンスに食事できる所はたぶん2か所しかなく、そのひとつがこのレストランです。
セルフサービスのスープやドリンク、ケーキ類、



DSC00298.jpg
パンにアイスクリーム・・・



DSC00299.jpg
私たちが注文したのは、



DSC00302^
オランダ式のパンケーキ、パンネンクーケンです☆
ガイドブックや旅番組に必ず出てくる伝統料理で、薄くて大きいのが特徴。
生地に甘みがないので、シナモンシュガーや粉砂糖、シロップなどをかけてあっさりといただきます。
もちもちの食感が、家で作る混ぜすぎてグルテンが出てしまったパンケーキとちょっと似ています^^;


この日飛行機に乗る予定があったため、9時半のオープンから午後1時過ぎまでしかいられませんでしたが、ザーンセ・スカンスをとっても楽しむことができました。
木靴や時計の工房もあるそうなので、できれば丸一日時間をとってゆっくりまわりたかったなと思うくらいでした。



Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。