Post image

今年はドイツひとり旅!

「今度の旅行はどこにしよう?」 と相談するとき、必ず候補に入っていたドイツ。なのに夫や娘たちの支持を得られずいつも落選^^;今年は娘たちが仕事で超多忙。 同行は不可能のため 人生初のひとり旅に挑戦してみようと考えていたときに、ブログのお友達 ミントベリーさんが南ドイツをひとり旅されました。魅力的なお写真の旅行記を読むうちに、行くならドイツと心が決まりました。たまたま5,6年前に考えてみた計画とほぼ...

Post image

フランクフルト到着

昨年に引き続きANA利用。国内線もANAにしたので小松でチェックインしたらスーツケースはフランクフルトで受け取りだし、成田での出国審査もショートカットですぐにスルーできるからとっても便利です。隣の2席が空席でした。 ラッキー☆サーモンのクリーム煮。 格別おいしいわけではないけれど、機内食で旅気分がぐっと上がります。到着前のお食事は牛のトマト煮込み。 2度とも重めの食事内容ですね。ここで食べ過ぎると...

Post image

ホテル・エクセルシオール

フランクフルトでの宿泊先は「ホテル・エクセルシオール」。中央駅の真横、しかも翌日のヨーロッパバスの発着場にも至近という便利な立地です。実はここ、ミントベリーさんが苦心して(たぶんw)捜された所をありがたく利用させていただいたホテルなのです。大きいソファーでリラックスできるよいお部屋でした。枕の上には小さなチョコが。 ちょっとほっこりする心遣いですね。お掃除ずきのドイツらしく、どこもぴかぴかに磨き上...

Post image

レーマー広場

毎年5月に旅行する理由はいろいろあるのですが、そのひとつはヨーロッパの日没が遅いこと。10時近くまで明るいので夜出歩いてもそれほど怖い感じがしません。ところがこの日のフランクフルトは、6時過ぎでも人通りがとても少ないのです。なんか想像と違うなぁ~と思いながらも、せっかくなので注意しつつ歩きます。あれは! りんご酒列車ですね。フランクフルト名物のりんご酒を飲みながら市内をひとまわりするらしいです。楽...

Post image

パウラナー・アム・ドム

お腹がすいてきたので、調べておいたレストランに向かいます。マイン川に架かる橋、ここを渡ったらりんご酒専門の居酒屋が集まる「ザクセンハウゼン」です。行ってみたい気もしますが、ここはおとなしくレーマー広場周辺で我慢しましょう。モダンなアパートメントが立ち並ぶ通りを抜けて、ガイドブックに載っていたレストラン 「ツム・シュトルヒ」へ。ゲーテもお気に入りだったという有名店みたいです。ところが満席のため、もう...

Post image

ヨーロッパバス

ドイツ2日目フランクフルトから次の目的地ローテンブルクまでは、ドイチェ・ツーリング社の「ヨーロッパバス」を利用して移動します。実は前の晩にバス停の場所を確認するのを忘れていて、この日朝食前にレセプションの人に軽く尋ねてみたら、「ああ、そこ出て左ですよ」との答。一瞬「左?」と思ったので一応確認のために外に出てみました。左に行ってもない。 もっと行っても、その向かい側にもない!バス停はいくつもいくつも...

Post image

ヴァイカースハイム

バスはバイカースハイムに入ってきました。小さいけれど中世の香りかおるきれいな町です。待ち構えていたガイドさんが、お城の案内を15分間50セントでするからと言います。この地方一帯を領有支配していた ホーエンローエ家の城です。決まった流れのように門をくぐり、内部(のごく一部)を駆け足で見学。独特な装飾が権力を表しているようでした。庭園もよく手入れがされています。ここで10分間のフリータイム。お庭の両側...

Post image

ロマンティックホテル・マルクシュトルム

バスはロマンチック街道の中でもひときわ人気の高い ローテンブルクに到着しました。城壁の内側に入ってすぐのシュランネ広場が停留所です。今夜はこの町で宿泊し、明日またバスに乗ってミュンヘンまで南下するのです。ローテンブルクのホテルを考える上で重要視したのが、このシュランネ広場から近いかどうか。なぜなら石畳の道をスーツケースを転がしながら歩くのが相当大変そうだからなのです。広場にはタクシー乗り場もなさそ...

Post image

シュネーバル

ホテルに荷物を置いたら早速ローテンブルクの町歩きに出かけます。マルクス塔をくぐって、童話の中に迷い込んだような世界です。町の中心、マルクト広場。これは市庁舎。そしてこれが市参事宴会場。ここにはからくり時計があって、有名なヌッシュ市長のワイン一気飲みの伝説が人形で現されるのです。なのに悲しいかな、工事中。。一縷の望みをかけて人形が現れる時刻に行ってみましたが、もちろん音すら鳴りませんでした・・・マル...

Post image

ローテンブルク 町歩き

シュネーバルでひと息ついたあとは、町の中をぶらぶらお散歩です。きれいな町並みを眺めながら歩くのがこの町の一番の楽しみ方ですね。ドイツで1,2を争う人気観光地だけあって、どこを見ても全部が美しいです!赤い建物がローターハーン。 かのヌッシュ市長が住んでいたお家です。その数件先にはバウマイスターハウスという 今はレストランになっている建物があります。かつての建築主任の住まいだった所で、ローテンブルクの...

Post image

市庁舎の塔

市庁舎の塔からの眺めがとても良いらしいので、上ってみるのを楽しみにしていました。画面上部に見える白い部分がそれです。別の角度から見るとこのようになっています。建てた年代が違うのか後方部分は白い建物となっていて、その最上部に今から上ります。入口らしき所は市庁舎正面中央のここしかないのに、入場料€1を払う窓口も何もありません。ガイドブックには行列が長いときは入場制限をする なんて書いてあった割には、誰...

Post image

美しい看板

ドイツの看板は本当に美しいです。昔は文字を読めない人たちにも一目で何の店かわかるようにという目的だったそうですが、今では素晴らしい芸術作品ですよね。町一番の格式あるホテル アイゼンフートの看板は、その名のとおり鉄兜。この看板、ミントベリーさんも紹介されていましたね♪ゴールデン・ラム、なるほど。ヌッシュ市長がワインを一気飲み。30年戦争の時代に町を破壊から守った伝説がモチーフです。お肉屋さんは牛と、...

Post image

ショーウィンドー

どのお店もショーウィンドーには力が入っているので、見ていてとっても楽しいです。これはコーヒーを保存してある容器。焼き物で作った木組みの家のミニチュアはいろんなお土産屋さんに置いてあります。ロウソクを入れると灯りが漏れてきれいなんですね。もっと精巧な模型もあります。みんな大好きテディベア。シュタイフはドイツのメーカーなんですね。クマもいいけど、私は店内にいたうさぎやあひるやりす、ろば、ポニーなどにひ...

Post image

城壁の上を歩く

ローテンブルクの旧市街をぐるりと囲んでいる城壁の上は、一部歩けるようになっています。町の東にあるレーダー門から上ってみることにします。ワクワク、どんな景色が見えるのでしょう。楽しい~♪ 非日常~♪ミントベリーさんもここを歩いていましたね。あの日は暑くて、城壁の上だけがひと息つける場所だったのでしたね。ほかでは味わえない独特の雰囲気です。とんがり屋根の建物は昔鍛冶屋だったそうです。 今は何なのかわかり...

Post image

クロスタースチューブレで夕食

町の西にあるブルク門。 ここをくぐると、緑ゆたかなブルク公園が広がっています。振り返って見たブルク門の外側もすてきですね~両側部分は見張り小屋と徴税小屋の跡だそうです。今すぐにでもこのあたりを散策したい気持ちでしたが、あまり暗くならない内にホテルに戻りたかったので明日のお楽しみとします。夕食はブルク門の近くにあるこのレストラン「クロスタースチューブレ」で。味が良いことで評判の人気店ということで、す...

Post image

朝食@マルクシュトゥルム

ドイツ3日目朝食のお部屋に行くと、まだだ~れもいません。ラッキー☆ 存分に写真を撮れますw紅茶の種類多いです。スモークサーモンとチーズ。ハムの類。ヨーグルトやシリアル。中央にあるのが、すご~~くおいしかったニシンの酢漬け。シンプルな酢漬けと、サワークリームにハーブを加えたような白いソースに漬け込んだものもあり、どちらも絶品のひと言!!ミントベリーさんがフランクフルトで食べておられたサンドイッチもこ...

Post image

タウバー渓谷とドッペル橋

今日はとってもいいお天気です。早起きしてお散歩するのを楽しみにしていたのでこの晴天はうれしい♪ブルク門をくぐるとそこは昨日も来たブルク公園です。新緑がまぶしい本当に美しい公園です。空気がすがすがしい~前を歩いている人がダウンコートを着ているのが見えますか?5月25日だというのに、今年は例年よりかなり寒いということです。ここは西に張り出したような地形なので、ローテンブルクの南端部分がこんなふうに見渡...

Post image

朝市&本屋さん

マルクト広場はその名のとおり、朝市が開かれる広場です。ヨーロッパって朝市がよくありますよね。地元の人が新鮮なものを購入するために利用していて、町によってはスーパーマーケットより身近な存在だったりするのですね。野菜や果物の店、ジャムや瓶詰めやお惣菜の店、ドライフルーツの店・・・観光地なのでお土産物っぽいものも中にはありますがやはり生鮮食料品が主で、ここで生活する人たちにとって欠かせない場所なのだと感...

Post image

聖ヤコブ教会&人形とおもちゃ博物館

次は「聖ヤコブ教会」に向かいます。教会の一角にあった、なにか混沌とした石像の群れ。祈りを表しているのでしょうか。正面入口横にも大きな像が。まずは2階に上がってみます。ドイツ後期ゴシック最大の彫刻家と言われるリーメンシュナイダーの「聖血の祭壇」です。写真ではわからないと思いますが、上部中央に水晶がはめ込んであって、その中にキリストの血が入っているということです。左にはロバに乗ってエルサレムに入城する...

Post image

昼食&お土産

ローテンブルク最後のお食事は、昨日から目をつけていたこの精肉店で。みごとですね~いったいどれだけの種類のハムやソーセージがあるのでしょう?昨日の午後はこのお店、押すな押すなの大行列ができていたんですよ。きっとおいしいに違いありません。具材を選ぶとその場でさっとパンにはさんでサンドイッチにしてくれます。私が食べたかったのは、「レバーケーゼ」。左奥にある四角いやつです。レバーは入っていなくて、牛肉80...

Post image

ヨーロッパバスの車窓から

ローテンブルクにはお名残惜しいですがお別れです。こんなにすてきな町を訪れることができて本当に幸せです。シュランネ広場ではバスがもう待っていました。今日のドライバーはトルコ出身の陽気なおじさん。途中乗客にタッパーウエアに入った「干しアンズ」を配ったりする面白い人でした^^バスにビール、コーラ、水を用意してあるということを何度もアナウンスする商売熱心wさあ、ローテンブルクからミュンヘンまで、途中いくつ...