Post image

タイ旅行記2007年 前半は、楽天ブログでご覧ください。楽天ブログ 「あこがれがいっぱい!」...

Post image

アユタヤの遺跡 ライトアップ

アユタヤのワット巡り もいよいよクライマックスです。ライトアップされた遺跡は幻想的で美しかった~ 入場せずに離れた場所から見るだけでしたが、金色の光が温かい感じ。もうちょっと近づいて見たかったなぁ・・・ 写真を撮るのは苦労しました~^^蚊もいるよと聞いていたので、腕時計型のベープを付けて万全の備えです。そのせいか、ひとつも刺されませんでした~...

Post image

アユタヤ ライトアップ2

美しい遺跡のライトアップから少し右に目をやると・・・暗くてよく見えませんが、これは寺院の入り口でしょうか?ちょっとドイツ風にも見えるかわいい建物です。トゥクトゥクもライトアップ^^さて、妹家族から山形のお土産をもらいました。甘~い さくらんぼのワイン。娘たちが帰って来たらあけようかな。ずんだ味噌。お味噌に枝豆や青唐辛子が入ったピリリとしたお味。「ずんだ」はもともと宮城の言葉でしたが、ずんだ餅などですっ...

Post image

巨大寝釈迦仏を参拝する

昨日でアユタヤは終わったと思ったでしょ?えへへ、ところがフェイント^^ 忘れていた部分がありました~ワット・ロカヤ・スター には小さな仏堂があり、お線香とロウソク、蓮の花、金箔を売る屋台もあります。私たちも参拝することにしました。まずは、壺の中にお花を供えます。ありゃりゃ、帽子をかぶったままの不届きな方もいますねぇ。次に黄色いロウソクに火をつけて立てます。 これが案外難しいその火でお線香に火をつけて...

Post image

タイの卒業式

今日もホテルのダイニングで朝食です。前日と同じようなものをたべました ジュースはパイナップルの生ジュース。おいしい^^おかゆがやっぱりおいしいなぁ 観光バスに乗って出発です。大学の前を通りかかりました。ここはタイで2番目に優秀な大学だそうです。その日はちょうど卒業式!ここが正門かな? 守衛さんが立っています。旗で飾って、おめでたい雰囲気ですね。タイの卒業式はとても盛大で、校門のまわりにはお祝いの花束...

Post image

お供えの花輪

タイの人々の信心深さは、街角の祠が花やお供え物であふれている様子からもうかがえます。こういう所にお供えする花は、輪っかの形にしたものが多いのです。ハワイのレイや、ブレスレットのような感じで、とっても綺麗です。王宮近くのフラワーマーケットには、こういった花輪を作りながら売る屋台がたくさんありました。もちろん全部本物の生花ですよ~大小さまざま、店によってデザインも工夫しているようです。そしてこんな光景...

Post image

スーパースター プミポン国王

バンコクの道路の大渋滞は有名ですね。普段10分で行くところを、1時間かかることもあるということです。幸い私たちはそんなにひどい渋滞に巻き込まれることはありませんでした。ツアーですから、そのへん考慮した旅程になっているのでしょうね。幹線道路は車線も多い立派なものでした。 緑の植栽もすばらしいでしょう。ラマ○世通り(橋)といった、王様の名前を冠した道路や橋もあり、とても装飾的できれいでした。現在の王様、...

Post image

バンコク くるま事情

バンコクはとにかく車でいっぱい!!一番多いのはやっぱり日本車。 中でもトヨタのシェアが圧倒的です。ガソリンは日本より3割くらい安いと言ってたかな。ところで、昨日の日記で渋滞の写真をご紹介したところ、ぽっくんママさんと、 オリエンタルBKKさん から、「しばらく前までは新車は少なくて、日本の中古車が昔流行ったステッカーを貼ったまま走っていたりした」、「以前はぼろぼろになった日本車のタクシーなどが普通に走...

Post image

ファストフード in バンコク

バンコクでは、日本でもなじみのある看板をよく見かけます。デパート、コンビニ、ファストフード店・・・ケンタッキー・フライドチキン ですね。歩道にびっしり並んだ屋台と共存して、繁盛している様子です。右端にちらっと見えるのは マクドナルド。タイのドナルドおじさんは ワイのポーズで迎えてくれます^^台湾のマクドナルドでは焼きおにぎりのようなライスバーガーがありますね。そこで、タイのマックはどんなメニューがあ...

Post image

コンビニの前に・・・

台湾ほどではないですが、バンコクの街にもコンビニがたくさんあるんですね~セブン・イレブンが一番多くて、次がファミリーマートなんですって。店の中は、飲み物、お菓子、パン、アイス、インスタント麺、日用品、雑誌などが並び、日本のコンビニと大差ありません。でも、違っているのが・・・日本ではフライドチキン、おでん、中華まんなどみんな店の中で調理・陳列されていますよね。タイでは店の外で揚げ物などを作って売って...

Post image

ムエタイ場とカーオマンガイ

次にバスの窓から見えてきたものは・・・「ホワランポーン駅」 です。実はこの写真を、ムエタイ会場と勘違いして今日のブログを準備していたら、確認のために調べたものと全く違うことに気がつき大あわて 撮ったつもりのムエタイ会場の写真が見つかりません・・・ (たぶんブレたから消去した)乗りかかった船なので、ウィキペディアから写真を拝借しましょう^^;タイでは競馬、競輪、パチンコなどの賭け事がなく、ムエタイがも...

Post image

チャオプラヤー川クルーズ

バンコクの町中を南北に流れる「チャオプラヤー川」 。日本では「メナム川」という名前のほうが馴染みがあるという方もいらっしゃるかもしれませんね。正式な名は 「メー・ナム・チャオプラヤー」。「メー・ナム」とはタイ語で 「水の母」、つまり川のことです。今日はこのチャオプラヤー川をクルーズします。タイ旅行の計画をお話したときに 玲小姐さん が、「チャオプラヤー川から眺めるバンコクの景色はいいよ」 と教えてくださ...

Post image

チャオプラヤー川クルーズ 2

チャオプラヤー川クルーズ、わくわくします★足元に気をつけて・・・落ちないように気をつけて・・・パパ、頭に気をつけて~万が一のときはこれを使うのね。よーし、オッケー。 出発進行!かなり慎重派の性格丸出しの船出                写真の上にカーソルをやるとちょっとしたコメントが出ます。 しばらくすると消えますので、一旦写真の外にカーソルをずらし、再び写真の上に置いてみてくださいね...

Post image

川沿いの高級ホテル

チャオプラヤー川沿いには、かの「オリエンタル・バンコク」をはじめとする、高級ホテルが建ち並んでいます。どうやらあれは 「ペニンシュラ・バンコク」らしい。ハワイなどのリゾート地では オーシャンビューとか言って海側が高級ですが、ここらもやはり川に面したお部屋がお高いのでしょうね。色のわりには臭いのない川でよかったですね~^^どうですか、この豊かな水! どれだけ深いのか濁っているので わかりません。おしゃれ...

Post image

多彩な建物

チャオプラヤー川から眺める景色は多彩な魅力にあふれています。近代的な高層ビルは、この低い位置から見上げるとよりいっそう高く、違った感じに見えます。そうかと思えば、寺院でしょうか、はたまたレストランでしょうか、五重塔が見えたり、こんな建物があったりします。このあたりはチャイナタウンに程近いので、こういった中国風の商店やレストランがあるのでしょうか。そして、いかにもタイらしい寺院も、川から眺めてくださ...

Post image

川のお掃除

ボートはぐんぐんスピードを上げて進みます。「ラマ1世橋」 ほんと、「ラマ○世」と名の付く橋や道路が多いんです。日本にも 「明治通り」はじめ、明治や昭和が付いた学校や企業なんかもたくさんありますけど、そこから天皇を連想はしませんね~どうですか、この波しぶき! スピード感が伝わるかなぁ?ボートの前の方に車に似たエンジンがむき出しで付いているんですけど、このエンジン音が気持ちよかったですね~聞くところによる...

Post image

涼しげなお家

タイで無数に見た高床式の民家と、川の中に建つ民家。日本にはない風景に心奪われました^^チャオプラヤー川の両側にも、こんな家がたくさん並んでいます。この2階建ての家はコンクリートの柱で基礎を作ってあるようです。川に突き出した白っぽいブロック造りの部分はトイレット?こちらは木の基礎のように見えます。腐ったりしないのかなぁ??川の中に家を建てるのって、とても技術のいることだと思うのですが、涼しいことがメ...

Post image

有名なワットが見えてきた!

左手にひときわ大きなお寺が見えてきました。「ワット・アルン」です。船の中からでも一目でわかる特徴的な大仏塔!想像以上に高くそびえ立って美しいです~!!さあ、ここで一旦船を降りて見学です。うわ~、観光客でいっぱいです!お土産物屋さんがずらりと並んでいますよ~ゾウの置物、タイシルクのバッグや小物、アクセサリー、お香のセット、木彫りの製品など、どこの店も似たような品揃えです。私は小さな木彫りの象を買いま...

Post image

ヤックとモック

さあ、 「ワット・アルン」に近づいてみましょう。トンブリ王朝のタクシン王がこの寺を王朝の菩提寺として 「ワット・チェーン」(夜明けの寺)と名付けたのが始まりで、その後ラマ4世の時代より 「ワット・アルン」(暁の寺)の名になりました。大小の仏塔が並ぶ大きなお寺です。ひときわ高くそびえ立つ大仏塔。 高さ81メートル、基台の周囲が240メートルもあるそうです。細かい模様は、中国製の彩色陶器の破片を1枚1枚手で...

Post image

高所恐怖症なのに~

ワット・アルンの階段はむちゃくちゃ急勾配です!!上の方は特にすごい角度なので、慎重に上ります。 冷や汗タラ~ ほらこのとおり。 手すりがなかったらアウトですね  下りるとき後ろ向けになって下りてる人もいましたよ~ 狭い所に大勢がひしめきあってます。 上からの眺めはいいですね~ ワットの建物がきれいです。さっき船を降りた船着場も見えますよ。芝生や丸く刈り込んだ植え込みもきれいだったんですね。気が付かなかっ...

Post image

川に住んでいる・・・

ワット・アルンをあとにした私たちは再び船に乗り、こんな民家などを見ながら進みます。家の前にはこういった船着場が作ってあり、自家用ボートの乗り降りをするようですね。おやおや? 私たちの船に、手漕ぎボートが近づいてきますよ。船がエンジンを止めると、ボートをぴったりと横付けにして、商売を始めましたよ~反対側にも、合計3そうのボートが取り囲み、さかんに 「ヤスイヨー、オイシイヨー」^^いろんなものを売って...