FC2ブログ
slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image slider image

12月ですね
10月に見つけたいいお店。アップするのを忘れているうちに季節外れになってしまいました^^;老舗の和菓子屋さんが始めたカフェです。あんこもお団子も、もみじの形の羊羹も、加賀棒茶のアイスクリームも、さすがのおいしさ☆彡お茶もとってもおいしいです。Fちゃんは 加賀棒茶パフェ。 これが食べたくて誘ってきたんです^^棒茶の香ばしさがアイスクリームとよく合います☆彡次男の所の孫は七五三を迎えました☆彡3歳になるとポ...

孫1歳
孫が1歳になりました☆彡すくすくと育って、身長体重ともに成長曲線をはみ出しています^^話せる言葉は17語! かなりのおしゃべり^^バイバイやいただきますなどの動作は21個もできますよ☆彡天才かもしれない(笑)両家のじじばばが招かれてお祝いしました。あちらのおばあちゃんが用意してくださった、大好きなアンパンマンのケーキ☆彡一升餅を担がせたら、重さをものともせずへっちゃらでした^^;お餅のおまけに付いていた...

孫との1週間
娘が孫を連れて里帰りしていました☆彡パパがたびたび海外出張に行くのでいつもはふたりでお留守番なのですが、たまには泊りがけで来て~ってことで^^よちよち歩きを始めた孫は「パパ、ママ」のほか「だ~いすき」などいくつか言葉を話すようになりました。こちらの言っていることもかなり理解していて、意思の疎通ができるから楽しいこと^^おどけた態度で笑わせてくれて、こちらが遊んでもらっているみたいでした^^手間のか...

アディオス、スペイン
<スペイン最終日>すてきな経験をたくさんした今回の旅も間もなく終わりです。午後1時過ぎの飛行機なので朝食のあとすぐに空港に向かいます。ホテルの朝食は時間の計算ができるからこういう時便利だと思います。おいしかったのは『パンコントマテ』 トマトペーストとオリーブオイルをパンにのせたものです♪気に入ったので家でも時々作るようになりました^^窓から見えるのは・・・アトーチャ駅☆彡 今日も貴婦人のように美しい...

ガンバス
ソフィア王妃芸術センターを出た私たちは、スペイン最後の夕食のために、再びソルにやってきました。最後もやっぱり気軽なバルがいいな~マドリードには、マドリード以外のスペイン全土にあるのと同じ数だけバルがあるんですって!!年配のお客さんが入っているバルがおいしいって、スペイン人が言ってました^^「あった、アブエロ!」 と思ったけれど、ここは姉妹店。お目当ての店はその向かい側にあります。文字だらけのガラス...

ソフィア王妃芸術センター
『ソフィア王妃芸術センター』に行きましょう☆彡20世紀以降の近代美術を中心に展示している美術館です。ピカソ、ダリ、ミロなどスペインゆかりの画家たちの有名作品もたくさんあります。ガラス張りの部分はエレベーターで、「REINA」 「SOFIA」と書いてあります。モダンですてき☆彡ここ、泊まっているホテルの隣なんですよ。左がホテル、右が美術館、そして奥に見えているのがアトーチャ駅。位置関係がわかったでしょ♪展示室内は...

マドリード・プライド
ホテルのあるアトーチャ駅前に戻って来ました。立派なこの建物は『スペイン国立人類学博物館』だそうです。アトーチャ駅、レースのように美しいです☆彡公園の入口にメリーゴーランド。なんとこの日マドリードでは、『プライド』というLGBTのパレードが開催されていたのでした!!アメリカで始まったプライドは、彼らの法的権利を求めるイベントとして世界中に広まり、今年マドリードでは11日間で200万人を超える人がこのフェスティ...

グラン・ビア
『グラン・ビア』に来ました。ここは銀座やシャンゼリゼのような大通りです。デパートに劇場、レストラン、ファストファッション、ホテル、銀行・・・スペインの首都マドリードきってのメインストリートです☆彡華やかな建物を見ながら歩くだけでも楽しい♪マドリードでたびたび見かけたキオスク(って呼ぶのかな?)形がすてき☆彡マクドナルドもこんなにきれいです。中がどうなっているのか、ちょっと見て来ればよかったかな^^規...

チュエカ
<スペイン6日目>サンドイッチが何十種類もあるカフェで朝食です☆彡メトロに乗って若い人たちに人気の街チュエカにやってきました。ここはLGBTの街としても知られています。 駅からすでにレインボー!若者とLGBTの街になぜ出向いたのかと言うと、ここにはすてきな市場があるからです♪1階が市場で、2~3階がレストランになっています。ここでお昼もいいかなと思っていたんですが、早く着きすぎたから見るだけになっちゃいまし...

さよならグラナダ
グラナダのバスターミナルからALSAの長距離バスに乗ってマドリードに向かいます。2階の最前列。眺めがいいはず☆彡飛行機みたいに車内エンターテインメントもいっぱいあります。映画もよりどりみどり! マドリードまでは4時間半もかかるので、このサービスはありがたい。『ブリジットジョーンズの日記』と『SING』を観ました。『SING』すごく面白かった♪ 子だくさんの豚のお母さんがオーディション受けに行くために家事をオート...

テテリア
グラナダの街に戻ってきました。このあと長距離バスでマドリードに向かうので、その前にどこかでお昼ご飯を・・・やっぱりアラブ料理がいいな~♪ということで、『テテリア』とよばれるアラブ風喫茶店に入ってみました。雰囲気ばっちり☆彡水タバコもできるらしいです。好きな所に座っていいと言われたので、居心地よさそうなこの席に^^クッションが置いてあるのがアラブの特徴なんでしょうか?別の店でもそうでした。くつろぐわ~...

アルハンブラ宮殿 その6
アルハンブラの広大な敷地内に、飲み物の自動販売機はたったの2か所しかありません。売店も少ししかありません。カフェやレストランはパラドール(国営ホテル)内にあるそうです。トイレもなんと4か所しかないんです。一日の来場者数が8700人ですよ。なかなかワイルドではないでしょうか(笑)さて、最後に向かうのは『ヘネラリフェ庭園』。谷を挟んだ向こう側にあるのです。このゲートの奥がヘネラリフェです。平行に掛かった2本の...

アルハンブラ宮殿 その5
まだまだアルハンブラ宮殿つづきますよ^^アルカサバの次は、『カルロス5世宮殿』です。板チョコのような外壁が目印。ここはレコンキスタ完了後に、グラナダを新たなスペインの都にしようと建設されたものです。設計はイタリアの、ミケランジェロの弟子だった人ですって。円形の中庭がルネッサンス様式の特徴なんだそうです。 取り囲む柱がローマ風ですよね。王と家族の居住スペースとして建設されたのですが、資金難や反乱のた...

アルハンブラ宮殿 その4
アルハンブラ宮殿の西端にそびえる『アルカサバ』。勢力を増してきたレコンキスタに備えて13世紀中ごろに建てられた城塞です。アルカサバは大きくていくつもの部分に分かれているため、見てきた順に並べていきますね。兵士たちの住居や馬小屋の基礎が、遺跡のように残っています。左のほうに小さく人間が見えるのがわかりますか?そのさらに左上に旗がありますね、そこがアルカサバで一番高い『ベラの塔』です。今からあそこを目指...

アルハンブラ宮殿 その3
どこまでがナスル朝宮殿だったのかよく憶えていないのですが、見事な彫刻の各部屋のあとに撮ったのがこの庭なんです^^;アルバイシン地区を見下ろせる廊下。オレンジが実っています。噴水と糸杉の位置からして、さっき見下ろしていたらしき窓がありますね。日陰は涼しくて快適でした☆彡実は暑さを警戒して、白い服、帽子にサングラス、水と塩タブレット、扇子、冷えピタまで用意して行ったのです^^塩タブレット以降は出番なし...

アルハンブラ宮殿 その2
丘の上に広大な敷地を持つアルハンブラ宮殿は、4つの部分から構成されています。『アルカサバ』と呼ばれる要塞、王宮である『ナスル朝宮殿』、レコンキスタ後に建てられた『カルロス5世宮殿』、そして王家の夏の別荘『ヘネラリフェ』です。チケット売り場から一番奥のアルカサバまでは約1㎞もあり、さらにヘネラリフェは他の3つとは谷を隔てた向こう側にあります。敷地内は全て徒歩でまわるわけですが、7月のグラナダは40℃を超え...

アルハンブラ宮殿 その1
アルハンブラ宮殿のチケットは『最もとりにくい』って聞いたことがあります。3か月前からウェブサイトでの販売が開始されるので、スペイン時間の4月6日に日付がかわると同時に購入しました!気合入ってます^^購入の際にアルハンブラ宮殿一番の見どころ『ナスル朝宮殿』という部分への入場時刻を指定する必要があるため、希望どおりの時刻にするためには早くゲットするに限るのです☆彡 (これはサグラダファミリアのチケットも同...

朝食@グラナダ
<スペイン5日目>この日はホテルで朝食をとりました。規模の小さいホテルですが、朝食はおいしかったです☆彡パンもいろいろあります♪ホカホカのトーストもできます☆彡スタッフの方たちの笑顔も含め、ホスピタリティを感じるいいホテルだな~と思いました。今日は広いアルハンブラ宮殿をたくさん歩きます。 エネルギーチャージはばっちり☆彡昨日も来たイサベル・ラ・カトリカ広場。 ここにアルハンブラバスの乗り場があります。...

サンニコラス展望台
ライトアップされたアルハンブラ宮殿を見るために、サンニコラス展望台に来ました。カテドラル前からアルハンブラバスという小型の路線バスに乗って来ます。なぜ小型なんだろう?と、来る前は疑問でしたが、乗ってみるとその答がすぐにわかります。展望台までの道が、ありえないくらい狭いのです!上手な運転手さんのおかげであっという間に到着し、日没前の最高のタイミングで美しいアルハンブラを見ることができました☆彡バック...

カテドラル&夕食
アルカイセリアを出て、その隣にあるカテドラルの周りを半周してみました。カトリックの大聖堂なのに、窓の形や彫刻にイスラムの香りがするのは気のせい??調べてみましたら、最初はゴシック様式で建て始めたんですけど完成まで200年かかり、その間に装飾部分だけ一部『ムデハル様式』になったと書いてあります。 レコンキスタ後のキリスト教・イスラム教が融合したスタイルのことですね。ボスが代わったら方向性も変わりますよ...

アルカイセリア地区
この辺りはグラナダ市民が日常のお買い物をする商店街という感じでしょうか?ZARA HOMEもありますね。1本入るだけで、雰囲気が少し変わります。ありました! アルカイセリア☆彡カテドラルの裏手に広がるこの地区も、アラブのお土産屋さんがぎっしり並んだ街なのです。イスラム風の建物デザインがとってもきれい☆彡土産物街にこのレベルって、すごくない?!!売ってるものはホテル近くのアルバイシン地区と同じようなものですが...

12月ですね

22925.jpg
10月に見つけたいいお店。
アップするのを忘れているうちに季節外れになってしまいました^^;

老舗の和菓子屋さんが始めたカフェです。
あんこもお団子も、もみじの形の羊羹も、加賀棒茶のアイスクリームも、さすがのおいしさ☆彡
お茶もとってもおいしいです。



22924.jpg
Fちゃんは 加賀棒茶パフェ。 これが食べたくて誘ってきたんです^^
棒茶の香ばしさがアイスクリームとよく合います☆彡



S_8123373356870^
次男の所の孫は七五三を迎えました☆彡
3歳になるとポーズもとれますね^^



23348^
これは先日長女の所の孫と行ったショッピングモールで☆彡
偶然にも赤い服を着ていたので、クリスマスのイメージにぴったり^^



23345.jpg
そして、行ってきましたよ、スターバックス!
マグカップを出したら店員さん、「かわいいカップですね!」って。
うふふ、シアトルみやげだもんね~ 楽しいコーヒーブレイクを過ごせました☆彡




孫1歳

Inked42602^_LI
孫が1歳になりました☆彡

すくすくと育って、身長体重ともに成長曲線をはみ出しています^^
話せる言葉は17語! かなりのおしゃべり^^

バイバイやいただきますなどの動作は21個もできますよ☆彡
天才かもしれない(笑)




Inked42940^_LI^
両家のじじばばが招かれてお祝いしました。

あちらのおばあちゃんが用意してくださった、大好きなアンパンマンのケーキ☆彡

一升餅を担がせたら、重さをものともせずへっちゃらでした^^;

お餅のおまけに付いていた将来を占うカードは、パンダの絵柄を選んで「アスリート」という結果でした^^




Inked無題_LI
お祝いの後スタジオに撮影に行ったのですが、歩いてしまったりおもちゃで遊びたかったりでなかなかポーズが決まらず、お姉さんたち大苦戦^^;



InkedInked無題6_LI
かわいいのが撮れたかな~?



無題4
楽しいこといっぱいの未来が待っているよ♪

お誕生日おめでとう☆彡


孫との1週間

InkedInkedInkedInkedInked41957^-_LI^^009

娘が孫を連れて里帰りしていました☆彡
パパがたびたび海外出張に行くのでいつもはふたりでお留守番なのですが、たまには泊りがけで来て~ってことで^^

よちよち歩きを始めた孫は「パパ、ママ」のほか「だ~いすき」などいくつか言葉を話すようになりました。
こちらの言っていることもかなり理解していて、意思の疎通ができるから楽しいこと^^
おどけた態度で笑わせてくれて、こちらが遊んでもらっているみたいでした^^

手間のかかる離乳食づくりも懐かしくて楽しかった~♪
なんでも喜んで食べるのは、私の遺伝子も入ってる証拠^^



Inked41882_LI-_2018102812282517f.jpg
仕事を休ませてもらって毎日朝から晩までた~っぷりベタベタ、幸せな日々でした^^



42010^
パパからのシアトル土産は小さなエプロンだったそうです。
「グランマズヘルパー」って書いてありますよ! うれしいな~^^

青いほうは、来春生まれる赤ちゃんの分です☆彡
そう、第2子の産休育休を続けて取ってから仕事に復帰するために年子で産みたいとの願いが叶ったんです☆彡
男の子とわかってみんな大喜び!  待ち遠しいな~♪



42012^^
シアトルといえばスターバックス発祥の地ですよね。
PIKE PLACEにある第1号店で限定のマグカップを娘と私におそろいで買ってきてくれました☆彡

オープン当時のロゴマークを今でも使っているのはこの店だけなんだそうです。
ギリシャ神話のセイレーンが歌声で船乗りたちを魅了したように、スタバはコーヒーで人々を魅了したいというコンセプトなんですって。

手元に届いたら、マグを持ってスタバに行くのが楽しみ~♪


アディオス、スペイン

<スペイン最終日>

DSC05287.jpg
すてきな経験をたくさんした今回の旅も間もなく終わりです。
午後1時過ぎの飛行機なので朝食のあとすぐに空港に向かいます。



スペイン 2018_07_08、09_2
ホテルの朝食は時間の計算ができるからこういう時便利だと思います。



DSC05292.jpg
おいしかったのは『パンコントマテ』 トマトペーストとオリーブオイルをパンにのせたものです♪
気に入ったので家でも時々作るようになりました^^



スペイン 2018_07_08、09_4^
窓から見えるのは・・・



DSC05296.jpg
アトーチャ駅☆彡 今日も貴婦人のように美しいです!!



DSC05297.jpg
来た時と同じように駅の横から空港バスに乗り、マドリード・バラハス空港に着きました。

免税店で最後のショッピングを楽しみ、おいしいスペインの生ハム食べおさめってことで、カフェに入ってサラダをシェアしました^^
ゴルゴンゾーラ、ルッコラ、サルタナレーズンも入ってます。
これがまあおいしくて、娘は帰国後自宅でも作るようになったんですよ^^親子で同じようなことしています^^



DSC05298.jpg
帰国便は空席が目立ち、私と娘は中央の4列席をふたりで使うことができました☆彡



スペイン 2018_07_08、09_9
足を向け合う形で横になれば、二人ともフルフラットで眠れます^^ 快適~♪



DSC05301.jpg
これにてマドリード・アンダルシア旅行記、終了です。
長い間お付き合いくださった皆さま、ありがとうございました☆彡

気持ちはすでに来年の旅に飛んでいます^^
しばらくはブログも休みがちかと思いますが、時期が来ましたらまたお知らせしますね^^

では、アディオス☆彡


ガンバス

DSC05272.jpg
ソフィア王妃芸術センターを出た私たちは、スペイン最後の夕食のために、再びソルにやってきました。



DSC05273.jpg
最後もやっぱり気軽なバルがいいな~

マドリードには、マドリード以外のスペイン全土にあるのと同じ数だけバルがあるんですって!!
年配のお客さんが入っているバルがおいしいって、スペイン人が言ってました^^



DSC05275.jpg
「あった、アブエロ!」 と思ったけれど、ここは姉妹店。
お目当ての店はその向かい側にあります。



DSC05276.jpg
文字だらけのガラス窓の向こうでせっせとエビを料理しているのが目印。
そう、Gambasというのはエビのことです☆彡



DSC05278.jpg
立ち飲みのバルです。大理石の2階建てテーブルがとってもかわいい!!
全体像は次の写真を見て下さいね。



DSC05280.jpg
ほら、けっこう高さがあるでしょう。面白いですよね☆彡
このあと狭い店内が人でひしめき合うんですけど、そうなるとこのテーブルの意味がよくわかってきます^^



DSC05283.jpg
アヒージョは日本でもよく食べますが、こんなにおいしいのは初めて!!
エビというと必ず「プリプリ」という言葉を使いますよね。私はプリプリよりも、金沢の甘エビを煮たときのようなしっとりしっかりした食感のものが好き。 スペインのエビもそういう種類で味が濃くてとってもおいしかったです☆彡☆彡

フライはパプリカ味のマヨネーズがおいしかった^^



DSC05285.jpg
2席だけある椅子席が空いたので途中で移動^^

このお店、本当にすてきでした☆彡鉄板で焼いたエビもおいしいんですって。再訪したいな~^^


(次回が旅行記最終回です)


ソフィア王妃芸術センター

DSC05251.jpg
『ソフィア王妃芸術センター』に行きましょう☆彡



DSC05271.jpg
20世紀以降の近代美術を中心に展示している美術館です。
ピカソ、ダリ、ミロなどスペインゆかりの画家たちの有名作品もたくさんあります。

ガラス張りの部分はエレベーターで、「REINA」 「SOFIA」と書いてあります。モダンですてき☆彡



DSC05254.jpg
ここ、泊まっているホテルの隣なんですよ。
左がホテル、右が美術館、そして奥に見えているのがアトーチャ駅。
位置関係がわかったでしょ♪



DSC05258.jpg
展示室内は基本的に撮影禁止なので、廊下や中庭を撮ってきました^^;



DSC05259.jpg
中庭には現代アートのオブジェが。



DSC05260.jpg
こういうのって意味不明で苦手意識があったんですけど、ただ「面白いな」、「ユニークだな」でいいのかな^^



DSC05261.jpg
見てるとなかなか楽しいし^^



DSC05263.jpg
平日の19時から21時の閉館までは入館無料なんです☆彡
せっかく隣のホテルに泊まっているんですから、もちろん無料の時間帯を狙って来ましたよ☆彡



DSC05264.jpg
ガラスのエレベーターにも乗りました。



DSC05265.jpg
所々撮影してよい展示室があって、みなさんそこではパシャパシャ^^



DSC05267.jpg
タモリさん?クレイジーケンバンドの人?(笑)



image-111.jpg
一番の目玉はやはりこれでしょう。ピカソの『ゲルニカ』☆彡(お借りした画像です)

スペイン内戦で空爆された街の悲惨さをモノトーンで描いたあまりにも有名なこの作品、迫力ありました!!
縦349センチ、横777センチ。近づくと全体像が見えない大きさです☆彡

習作もたくさんあって、試行錯誤しながら描いたことがわかります。



マドリード・プライド

DSC05230^
ホテルのあるアトーチャ駅前に戻って来ました。

立派なこの建物は『スペイン国立人類学博物館』だそうです。



DSC05235.jpg
アトーチャ駅、レースのように美しいです☆彡



DSC05236^
公園の入口にメリーゴーランド。



DSC05238.jpg
なんとこの日マドリードでは、『プライド』というLGBTのパレードが開催されていたのでした!!

アメリカで始まったプライドは、彼らの法的権利を求めるイベントとして世界中に広まり、今年マドリードでは11日間で200万人を超える人がこのフェスティバルに参加したんだそうです!!その最高潮がこの日だったんですね~



DSC05240.jpg
レインボーカラーを掲げて続々と集まってきています!!



DSC05243.jpg
大通りが見渡す限りものすごい数の人たちで埋め尽くされて、むせかえるような熱気です!!



DSC05244.jpg
ドラムの音が体に響く~~

大きなフロートが通ったり、20センチヒールを履いた派手なドラァグクイーンが歩いていたり。
この日マドリードのいたる所でこのような催しが行われていたんですって。
午前中に訪れたチュエカは普段からLGBTの街ではありますが、あそこまで大規模にレインボーカラーの飾りつけをしていたのも、虹色の食品を売っていたのも、年に一度の大イベントのためだったんですね~



DSC05253.jpg
日本では先日国会議員がLGBTへの差別的な意見を述べたことで大炎上したばかり。世界に比べたら認識がとっても遅れていると感じます。ヨーロッパでは結婚祝いのカードのデザインも、男女の新郎新婦の絵柄のほかに男性同士、女性同士のものが普通に売られていました。
私自身は勉強不足で意見を言えるほどではないんですけど、生まれながらに備わった特性なら自分でコントロールできるものではないし、ほかの多くの人たちと同じように幸せを求めて生きて何が悪いんだろうとは思います。



グラン・ビア

DSC05208.jpg
『グラン・ビア』に来ました。



DSC05221.jpg
ここは銀座やシャンゼリゼのような大通りです。



DSC05207^
デパートに劇場、レストラン、ファストファッション、ホテル、銀行・・・
スペインの首都マドリードきってのメインストリートです☆彡



DSC05206.jpg
華やかな建物を見ながら歩くだけでも楽しい♪



DSC05222.jpg
マドリードでたびたび見かけたキオスク(って呼ぶのかな?)
形がすてき☆彡



DSC05210^
マクドナルドもこんなにきれいです。中がどうなっているのか、ちょっと見て来ればよかったかな^^



DSC05223.jpg
規模の大きさとこの吹き抜けで話題になったファストファッションの『プライマーク』
激安なのですごい数をまとめ買いする人多し!



DSC05219.jpg
大通りからわき道に入ると、おしゃれなお店がたくさん並んでいます☆彡



DSC05217.jpg
どの国の街角でも必ず見かけるスターバックス。



DSC05214^
スタバの隣の小さなお店。
この日は暑くて暑くて、レモンのフローズンドリンクとフローズンヨーグルトにフルーツとチョコをトッピングしたものがおいしかったこと!!
まさに生き返りました^^



DSC05224.jpg
少し戻って、デパートの『コルテ・イングレス』に向かっています。



DSC05226^
生ハムサンド専門のお店。 今思えばランチにはこれを食べればよかった。。。



DSC05227.jpg
ショッピングの途中にデパートの中の食堂で食べたのがこれ。
かなり混雑していたからおいしいのかな?と思って入ったんですけど・・・ マズカッタ
そろそろ日本食が恋しくなっているのがわかるチョイスですね^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


余談ですが、

20181015205920_p.jpg

靴を買ったときにプレゼントしてもらったキーホルダー☆彡

ゆめこさんがお持ちのもこういうのかな??^^



チュエカ

<スペイン6日目>

DSC05169_20180930182045508.jpg
サンドイッチが何十種類もあるカフェで朝食です☆彡



DSC05170^
メトロに乗って若い人たちに人気の街チュエカにやってきました。
ここはLGBTの街としても知られています。 駅からすでにレインボー!




DSC05172^
若者とLGBTの街になぜ出向いたのかと言うと、




DSC05174^
ここにはすてきな市場があるからです♪




DSC05177^
1階が市場で、2~3階がレストランになっています。
ここでお昼もいいかなと思っていたんですが、早く着きすぎたから見るだけになっちゃいました^^;

どのお店にもレインボーカラーのものがディスプレイされていますよ。捜してみてね^^



DSC05180_201809301820545c6.jpg
おいしそうなお菓子と、きれいなお姉さんに目が奪われます☆彡



DSC05184.jpg
このチーズはどんな味??



DSC05183.jpg
2階に上がってみましょう。



DSC05185.jpg
コンパクトだけど魅力的な市場でした♪
お腹をすかせてぜひ^^



DSC05175_20180930182051f10.jpg
この街のどのあたりが若者にうけているんだろう???



DSC05192^
多様性を受け入れているところなのかな?



DSC05193^
お酒を飲むお店が多いのかな。



DSC05196^
チュエカは靴屋さんが多いことでも知られていて、本当にたくさんの靴屋さんが並んでいました。



DSC05197.jpg
残念ながら好きな靴に出会うことはできませんでしたが、



DSC05199.jpg
チュエカには似つかわしくない(?)かわいいおもちゃ屋さんで、孫へのお土産を買いました。
紐を引くと手足が動く木製の壁掛け猫☆彡



DSC05201^
この日、夜になってからこの虹色の飾りが意味するところを知るのでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余談ですが、

無題9
孫たちが遊びに来ていました。
動物園や、大きな公園で汽車ポッポに乗ったり、鯉にエサやり、ドングリひろい・・・
白鳥のボートは怖いと言って乗れなかったのよね^^; また来年^^
年末年始にはできないことをた~~~くさんできてうれしかったです☆彡

この日着ているこの服は、



DSC02445.jpg
2年前にロンドンで買って来たお土産です♪
「お姫さまみたいなお洋服を着るの」と言う女の子らしい女の子になっていました^^



さよならグラナダ

DSC05135.jpg
グラナダのバスターミナルからALSAの長距離バスに乗ってマドリードに向かいます。



DSC05134.jpg
2階の最前列。眺めがいいはず☆彡
飛行機みたいに車内エンターテインメントもいっぱいあります。



DSC05136.jpg
映画もよりどりみどり! マドリードまでは4時間半もかかるので、このサービスはありがたい。
『ブリジットジョーンズの日記』と『SING』を観ました。
『SING』すごく面白かった♪ 子だくさんの豚のお母さんがオーディション受けに行くために家事をオートメーション化するところとか^^




DSC05137.jpg
グラナダを出発したところ。



DSC05138.jpg
スペインって噴水が多いわぁ~ 暑いから水に癒されるんでしょうかね。



DSC05139.jpg
グラナダーマドリード間は直行の鉄道がないのでバスにしたのですが、「道がくねくねしていて酔う」と書いている人がいたので心配していました。
でもどこがくねくね??ひたすらまっすぐ&平坦で快適そのものでした☆彡




DSC05149.jpg
心底驚いたのは、前後左右果てしなく続くオリーブの畑!!丸く茂っている木が全部そうです。




DSC05150.jpg
4時間半のほとんど、オリーブ畑なんですよ。




DSC05155.jpg
どんだけオリーブオイル採れるんだろう^^




DSC05158.jpg
しかも一度も畑に人がいるのを見ませんでした!!
要所要所でお世話はしているんでしょうけど、基本お日様が育ててくれるんでしょうね。すごいな~




DSC05159.jpg
マドリードに近づき、景色も変わってきました。
映画のおかげで長旅も退屈せずに楽しく過ごせました^^




DSC05161.jpg
そういえば面白かったことがひとつ。
4時間半の道中一度だけ、さびれたレストランの駐車場にバスが停まったんです。
ここでトイレ休憩なのねと思ったら、運転手さんだけがトコトコとレストランに入って行き、2分後くらいに戻ってきて出発。
スペインのトイレ事情っていったい・・・(笑)




DSC05162.jpg
バスはマドリード南バスターミナルに到着。そこからメトロでアトーチャ駅まで2駅。
最初に泊まった駅前のホテルに戻ってきました。




DSC05165.jpg
プラド美術館に行く前に朝食をとったお店で夕食です。

この店一番のおすすめが、カラマリサンドつまりイカのフライのバゲットサンドイッチなんです。
パンなしのカラマリフライを注文したら、こんなに大量^^;




DSC05167.jpg
これもスペインB級グルメの代表格、フライドポテトに生ハムととろとろ目玉焼きを乗せたもの。からめながらいただきます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



北海道展
北海道を応援しようという企画、あちこちで見かけますね。

以前エスカレーター横に面白い広告を出していた名鉄エムザが今年も北海道物産展を開催中です。(現在内容を入れ替えて第2弾開催中)
私も食いしん坊仲間と一緒に行ってきました☆彡
いろいろ買ってきましたが、中でも感動的においしかったのは富良野の赤肉メロン♪


北海道の皆さんが一日も早く、自然の幸に恵まれた素晴らしい日常を取り戻すことができますように☆彡



テテリア

DSC05109.jpg
グラナダの街に戻ってきました。
このあと長距離バスでマドリードに向かうので、その前にどこかでお昼ご飯を・・・



DSC05111.jpg
やっぱりアラブ料理がいいな~♪



DSC05120.jpg
ということで、『テテリア』とよばれるアラブ風喫茶店に入ってみました。
雰囲気ばっちり☆彡
水タバコもできるらしいです。



DSC05119.jpg
好きな所に座っていいと言われたので、居心地よさそうなこの席に^^
クッションが置いてあるのがアラブの特徴なんでしょうか?別の店でもそうでした。
くつろぐわ~☆彡



DSC05125.jpg
テテリアは食事を出す店もあります。
ランチのセットをシェアして、デザートも注文することにしました。

まずはスープ。これ、おいしかったなぁ~~♪野菜たっぷりで、スパイスがアラビアン。



DSC05127.jpg
アラブ風のカレー。 何が違うって、スパイスの種類なのかな?知ってるカレーと違うんですけど、ものすごくおいしいです☆彡



DSC05123.jpg
飲み物は生のミントの葉ぎっしりのミントティー。
お砂糖をたっぷり入れるのが流儀みたいですけど、入れたくなかったのでそのままで。渋いです^^;

娘はフルーツのジュースか何かを注文したんですが、お店の人が何か言いながらメニューの中のビールを指さしているので、「ビールベースのカクテルなのかな?」と思い、「OK」と言ったんです。そしたらただのビールが出てきました^^
なのでもう一度メニューを指しながら「このフルーツドリンクを忘れてない?」って聞いてみたら、もう1瓶同じビールが出てきました(笑)
英語が全く通じないのでまあいいかと思いビール2本飲みました(笑)

デザートはナッツのペーストが入った甘くないお菓子です☆彡




DSC05128.jpg
グラナダとももうお別れです。
来てよかった!!!




DSC05129.jpg
長距離バスのターミナルには路線バスで向かいます。車窓から見た近代的なグラナダの大通り。




DSC05131.jpg
ザクロのモニュメントにもさようなら。




DSC05132.jpg
ターミナルに着きました。


アルハンブラ宮殿 その6

DSC05089^
アルハンブラの広大な敷地内に、飲み物の自動販売機はたったの2か所しかありません。
売店も少ししかありません。
カフェやレストランはパラドール(国営ホテル)内にあるそうです。




DSC05094.jpg
トイレもなんと4か所しかないんです。




DSC05095.jpg
一日の来場者数が8700人ですよ。なかなかワイルドではないでしょうか(笑)




DSC05096.jpg
さて、最後に向かうのは『ヘネラリフェ庭園』。
谷を挟んだ向こう側にあるのです。




DSC05097.jpg
このゲートの奥がヘネラリフェです。




DSC05099.jpg
平行に掛かった2本の橋。 手前を渡ります。




DSC05100.jpg
ここもまた広いというか長いというか。




DSC05101.jpg
この奥に夏の離宮があるのですが、残念ながら引き返さなければならない時刻となりました。
最初から、体力と時間によってはヘネラリフェを割愛するつもりだったのです。




DSC05104.jpg
Uターンした私たちは、アルハンブラのメインエントランスに向かいます。

糸杉がとってもかっこいいですね~☆彡




DSC05105.jpg
グラナダに糸杉、本当によく似合います。




DSC05106.jpg
これが現在のアルハンブラ宮殿の正面入口です。
私たちは裁きの門から入場しましたので、最後に正面部分を見ることになりました。




DSC05107.jpg
当日券を求める人がここで早朝から列を作るんですね。
すぐに完売するらしいので、3か月前から購入しておきましょうね☆彡


圧倒されるばかりだったアルハンブラ宮殿☆彡
来られて本当に幸せです!




DSC05108.jpg
さあ、ここからまたアルハンブラバスに乗って街に戻りましょう。



アルハンブラ宮殿 その5

DSC05038.jpg
まだまだアルハンブラ宮殿つづきますよ^^

アルカサバの次は、『カルロス5世宮殿』です。
板チョコのような外壁が目印。



DSC05078.jpg
ここはレコンキスタ完了後に、グラナダを新たなスペインの都にしようと建設されたものです。




DSC05080.jpg
設計はイタリアの、ミケランジェロの弟子だった人ですって。




DSC05083.jpg
円形の中庭がルネッサンス様式の特徴なんだそうです。 取り囲む柱がローマ風ですよね。




DSC05084.jpg
王と家族の居住スペースとして建設されたのですが、資金難や反乱のため現在も未完のまま。
ここに住むことは叶わなかったんです。




DSC05060.jpg
さて、次なる目的地に向かって敷地内を歩いています。




DSC05061.jpg
アルハンブラは、ナスル朝宮殿とアルカサバとヘネラリフェは入場の際にチケットが必要ですが、それ以外の部分は無料で誰でも入れるんですよ。
グラナダに住んでいたらいいお散歩コースになりますね。




DSC05062.jpg
水汲み場だったのかな?




DSC05086.jpg
美しい遊歩道に突然大砲が4門。 要塞だったことを思い出します。




DSC05087.jpg
ちょっと道に迷って、バスや車が通る道路まで出てしまいました(汗)




DSC05088.jpg
でもそのおかげでこんなものも見られました。




DSC05090.jpg
捜していたのはこのお店。
アラブのセットで写真撮影をしてくれます☆彡




スペイン 2018_07_06_74^
たくさんの衣装の中から1着を選ぶと、ヘア飾りやアクセサリーをパパッと合わせて着付けてくれます。
ポーズもつけてくれますよ。 スニーカーを履いたままの足はソファの後ろに隠してクッションを乗せて^^
このあと壺だの扇だのを持たされていました^^

6~7ポーズくらい撮ったでしょうか。その場でパソコン画面を見て選び、A4くらいにプリントして台紙に入れてくれるまで10分かかりません。
娘はとっても楽しそうでした^^



アルハンブラ宮殿 その4

DSC05039.jpg
アルハンブラ宮殿の西端にそびえる『アルカサバ』。
勢力を増してきたレコンキスタに備えて13世紀中ごろに建てられた城塞です。



DSC05040.jpg
アルカサバは大きくていくつもの部分に分かれているため、見てきた順に並べていきますね。

兵士たちの住居や馬小屋の基礎が、遺跡のように残っています。



DSC05041.jpg
左のほうに小さく人間が見えるのがわかりますか?
そのさらに左上に旗がありますね、そこがアルカサバで一番高い『ベラの塔』です。
今からあそこを目指します☆彡



DSC05043.jpg
アルバイシン地区がきれいに見渡せて展望台のようですが、実は城を守るための見張り台だったんですね。



DSC05046.jpg
攻め辛くするためでしょうか? 複雑な造りになっています。



DSC05048.jpg
イスラム軍が長く駐屯していた住居跡ですね。




DSC05051.jpg
アルハンブラは『赤い城』という意味なのですが、それはアルカサバの色が所以なんだそうです。




DSC05055.jpg
さっきよりも高い所に来たのがわかるでしょうか?




DSC05056.jpg
ベラの塔まであとひと息!




DSC05057.jpg
ぐるっと周ってさっきの住居跡。




DSC05063.jpg
階段を上ると、





DSC05066.jpg
ベラの塔に到着!!




DSC05073.jpg
旗も眺めも、とってもきれいです☆彡☆彡

ちなみにホテルの部屋から見えたのはこの塔を含むアルカサバです☆彡




DSC05064.jpg
360度見渡せる見張り台。 




DSC05072.jpg
シエラネバダ山脈が今日もきれいです☆彡




DSC05074.jpg
イベリア半島のイスラム支配は、ここグラナダのナスル王朝で終焉を迎えました。
無血開城のおかげでこうして今でも貴重な文化遺産が残っていて、宗教や思想を超越した美を堪能することができるのですね!

中央やや上にカテドラルが見えます。ホテルはそのすぐ手前☆彡



アルハンブラ宮殿 その3

DSC05019.jpg
どこまでがナスル朝宮殿だったのかよく憶えていないのですが、見事な彫刻の各部屋のあとに撮ったのがこの庭なんです^^;



DSC05020.jpg
アルバイシン地区を見下ろせる廊下。



DSC05024^
オレンジが実っています。
噴水と糸杉の位置からして、さっき見下ろしていたらしき窓がありますね。



DSC05025.jpg
日陰は涼しくて快適でした☆彡




DSC05026.jpg
実は暑さを警戒して、白い服、帽子にサングラス、水と塩タブレット、扇子、冷えピタまで用意して行ったのです^^
塩タブレット以降は出番なしでした^^




DSC05027.jpg
アルハンブラの敷地内には建物が点在しており、そのまわりはこのような美しい庭園になっているのです。




DSC05028.jpg
入らなかった建物の中にも、見るべきものがあったのかも・・・




DSC05030^
とにかく広いので、無駄に体力を消耗しないように気を付けるべし^^




DSC05031.jpg
緑が多いのもご覧の通り。




DSC05033.jpg
水が貴重な土地柄、ましてや丘の上ですから、あちらこちらにある噴水や池は贅沢なものだったはず。




DSC05034.jpg
西洋風の建物はレコンキスタ後に造ったものでしょうね。




DSC05036.jpg
さあ、次なる見学コース『アルカサバ』に近づきました!!


アルハンブラ宮殿 その2

丘の上に広大な敷地を持つアルハンブラ宮殿は、4つの部分から構成されています。
『アルカサバ』と呼ばれる要塞、王宮である『ナスル朝宮殿』、レコンキスタ後に建てられた『カルロス5世宮殿』、そして王家の夏の別荘『ヘネラリフェ』です。

チケット売り場から一番奥のアルカサバまでは約1㎞もあり、さらにヘネラリフェは他の3つとは谷を隔てた向こう側にあります。

敷地内は全て徒歩でまわるわけですが、7月のグラナダは40℃を超えることもあるということで、実際どのくらいの範囲を見て歩くことができるのか不安でした。 そのためナスル朝宮殿(ここがアルハンブラのハイライトです)を最初に見て、あとは体力と相談しながらにしようと決めました。


DSC04975^
さてこの『ナスル朝宮殿』、言葉を失う素晴らしさでした!!!
たくさんの部屋と庭が連続していて、どこを撮影してきたのか憶えていないため、ガイドブックと照らし合わせながらわかる範囲で記録していこうと思います。順番は撮影順です。長くなりますが、一気に行きます^^

まず上の写真は最初に通される部屋『メスアールの間』です。
ナスル朝時代の政治と行政の中心で、宮殿で最も古い部分なんだそうです。



DSC04976^
ただし何度も改築を重ねたために当時のままの姿ではないとのこと。

イスラム教では偶像崇拝が禁止されているので、植物や幾何学模様を反復したアラベスクや、装飾文字によって精神世界の無限の広がりを表現しているんだそうです。
もうこの芸術性と技術の高さに、初っ端からノックアウトです!!!




DSC04977_20180904143343b9f.jpg
装飾タイルやモザイクも同じようにイスラムの特徴のひとつです。色も柄も本当に素晴らしい☆彡




DSC04980^
見てください、この細かい彫刻!!
気が遠くなるとはこのこと。しかもこのあと続くすべての部屋がこの調子なんですよ。信じられますか?!

窓から見えるアルバイシン地区の白壁とたくさんの糸杉の木が、この部屋をいっそう味わいあるものにしています。




DSC04981^
デザインの多様性にも感心します。 芸術家も職人も人類の宝!!!




DSC04982.jpg
もちろん触っている人などひとりもいませんでしたが、何のガードもなく触れられる距離で見ることができるんですよ。




スペイン 2018_07_06_22
世界中から観光客が押し寄せるアルハンブラ宮殿、みんなで大切に守っていってほしいと心から願います。




スペイン 2018_07_06_29
ナスル朝宮殿は30分ごとの入場規制をしているため、想像していたよりは落ち着いて見学することができました。




DSC04984^
これだけの彫刻をするにはどれほどの労力がいるんだろう・・・と、ぼ~っと考えてしまいました^^




DSC04987^
右上に青空が見えるのがおわかりでしょうか。 そう、中庭に面した壁や柱は、野ざらしなんです!!
びっくりです~ こんなに細かい彫刻を風雨にさらしているなんて。

二階の窓は、イスラムの女性たちがその姿を見られることなく外を眺めることができるように作られたのかな、と想像します。




DSC04989.jpg
『アラヤネスのパティオ』
この緑の生垣が天人花(アラヤネス)なんだそうです。




DSC04992^
水をふんだんに使うこと自体が力の象徴ですよね。
水に映る宮殿の姿を王たちが愛したんですって。




DSC04990^
セゴビアの水道橋もそうですが、石が風化しないのが不思議。




DSC04994^
次は『大使の間』です。




DSC04996^
この広い部屋は、諸外国の大使たちによる王への謁見やレセプションなどの公式行事が行われたんだそうです。
自然光が差し込んで、壁や天井の細工を美しく浮かび上がらせます☆彡




DSC04998^
肉眼でよく見て、写真も撮って、みんな大忙しです^^




DSC05000^
美しい回廊をまわると、




DSC05002^
ここからのショットがとっても人気なんだそうですが、ひっきりなしに人が立つので、思うように撮れません^^;

列柱越しに見えているのが、




DSC05009^
『獅子のパティオ』です。

王の住居の中庭で、口から水を出す12頭のライオン像の噴水があります。
取り囲む白大理石の列柱は124本もあるんですって。




DSC05013_20180904144522221.jpg
ここからがいよいよ『二姉妹の間』。 私が最も楽しみにしていた部屋です☆彡

その名前から、美しいふたりのお姫様の居室だったのかと思いきや、床の中央に敷かれた大きな2枚の大理石に由来するネーミングなんだそうです。 天井ばかりに注目していたので、床の写真はありません^^;

この天井のきれいなことといったら!!!吸い込まれそうです☆彡
それにしても圧巻のこの天井、どうなっているのかおわかりいただけるでしょうか? 複雑すぎるその形状を、拡大写真で少しでも想像いただけたらと思います。




DSC05013^
まずは中心部分。 鍾乳洞のようでもあり、お花のようでもあります。
垂れ下がる感じがわかりにくいと思いますので、次の写真をご覧ください。




DSC05013^^
これは下の方の部分ですが、中心部も要するにこれと同じようになっています。

ややカーブのある立方体+そこから垂れ下がる尖った部分を持つ形。 これがいくつも連続しています。 そしてそのところどころに模様が描いてあるのですが、同じ模様ではなくバリエーションがたくさんあるのです。
いったいこんなに複雑かつ芸術的なデザインを誰が考え出したのでしょうね!!
これを造る大変さはどれほどのものだったんでしょう!! 




DSC05013^^^
私は老眼なので高い所までよく見えてラッキーでした^^




DSC05017^
想像をはるかにはるかに!!超えるすごいものを見てしまったという感じです。
これ以上のものにはもう出会えそうにありません☆彡☆彡




DSC05015^
アルハンブラ宮殿、まだまだ続きます☆彡




アルハンブラ宮殿 その1

DSC04956^
アルハンブラ宮殿のチケットは『最もとりにくい』って聞いたことがあります。
3か月前からウェブサイトでの販売が開始されるので、スペイン時間の4月6日に日付がかわると同時に購入しました!気合入ってます^^
購入の際にアルハンブラ宮殿一番の見どころ『ナスル朝宮殿』という部分への入場時刻を指定する必要があるため、希望どおりの時刻にするためには早くゲットするに限るのです☆彡 (これはサグラダファミリアのチケットも同じでした)

パスポート番号まで入力しなければならないんですよ。貴重な世界遺産ですからね。そして実際宮殿内の要所要所で、パスポートの提示を求められました。



DSC04958.jpg
さてここが、私たちが入場した『裁きの門』です。
ここが本来の正門なんだそうですが、今はマイナーな感じ^^;

明るすぎてよく見えないので拡大しますと、



DSC04958^^
アーチの上部に手のひらマークがあります。
イスラムの五戒を示していて、大魔術師が呪文をかけたという伝説もあるらしいです。
この模様の土産物を街中でよく見かけました。



DSC04960.jpg
門の中には、レコンキスタ後につくられたマリア像。



DSC04960^
でもその下にはアラビア文字で何か書いてありますよね?



DSC04961.jpg
この門には守衛もおらず、誰でも入れる感じです。



DSC04962.jpg
セキュリティ厳しいのにここはいいのね^^



DSC04963.jpg
振り返って門を見たところ。



DSC04964.jpg
進んで行くと、まず見えてくるのが『アルカサバ』
アルハンブラで最初に造られたのが軍事要塞であるこの部分でした。



DSC04967.jpg
グラナダ最古の街であるアルバイシン地区の白い壁☆彡
早く近づいてよく見たいのですが、時間指定のあるナスル朝宮殿が最優先なのです。



DSC04969.jpg
なにしろ、チケットに印字してある時刻を30分過ぎると、入場させてもらえないんです。



DSC04971.jpg
だからまっすぐ向かいましょう。



DSC04972.jpg
この人たちもみんな仲間です^^



DSC04973.jpg
いよいよイスラム建築の最高傑作『ナスル朝宮殿』に入りますよ☆彡


朝食@グラナダ

<スペイン5日目>

DSC04941^
この日はホテルで朝食をとりました。



DSC04946^
規模の小さいホテルですが、朝食はおいしかったです☆彡



DSC04948^
パンもいろいろあります♪



DSC04947^
ホカホカのトーストもできます☆彡



DSC04945^
スタッフの方たちの笑顔も含め、ホスピタリティを感じるいいホテルだな~と思いました。



DSC04951^
今日は広いアルハンブラ宮殿をたくさん歩きます。 エネルギーチャージはばっちり☆彡



DSC04871.jpg
昨日も来たイサベル・ラ・カトリカ広場。 ここにアルハンブラバスの乗り場があります。



DSC04955.jpg
ほとんどの観光客はアルハンブラ宮殿の正面玄関であるヘネラリフェというバス停で降ります。
私の場合はウェブサイトでチケットを購入済みで、しかも時間指定のある『ナスル朝宮殿』に早い時間帯に到着したいので、ヘネラリフェのふたつ先にある『Puerta de Justicia』という停留所で下車します。広大な敷地を徒歩でまわるには段取りが大事です。



DSC04954.jpg
これがPuerta de Justicia、裁きの門。
ここから入場します☆彡


サンニコラス展望台

DSC04916.jpg
ライトアップされたアルハンブラ宮殿を見るために、サンニコラス展望台に来ました。

カテドラル前からアルハンブラバスという小型の路線バスに乗って来ます。
なぜ小型なんだろう?と、来る前は疑問でしたが、乗ってみるとその答がすぐにわかります。展望台までの道が、ありえないくらい狭いのです!

上手な運転手さんのおかげであっという間に到着し、日没前の最高のタイミングで美しいアルハンブラを見ることができました☆彡
バックに見えるシエラネバダ山脈の残雪がとっても映えます!!



DSC04920^
高校生の時、毎朝遠くにシエラネバダ山脈を見ながら通学していました。スペインにもシエラネバダがあるの??
不思議に思い調べてみたら、スペインの方が先で、カリフォルニアのはその見た目が似ていることから名づけられたんだそうです。



DSC04925.jpg
日没とともにライトアップされた宮殿はますます鮮やかに浮かび上がります☆彡
ふたつの丘を隔てる谷はかなりの幅があるのにすごい迫力で見られるのは、宮殿が巨大だからなんですね。




DSC04929^
ほらね☆彡

たくさんの人がこの景色を楽しみに来ています。



DSC04927.jpg
市街地も温かみのある電灯がきれい。



DSC04932.jpg
ここからの絶景を見られてとても幸せです。



DSC04934.jpg
帰りのバス停から撮った一枚。決して治安が良いとは言えない雰囲気です・・・

背の高い樹はグラナダにたくさんある糸杉ですね。
フラメンコギターはこの糸杉の木で作るんだそうです。



DSC04935^
ヌエバ広場近くのにぎやかな通りに戻って来ました。



DSC04937^
アラブ街はまだ営業中^^



DSC04938.jpg
ドリンク1杯につき無料タパスが一皿サービスされるというグラナダのバル。
何が出るかはお楽しみなんですって^^



DSC04939^
ホテルのバルコニーからのアルハンブラ宮殿もなかなかのものです☆彡

明日はいよいよあそこへ行くのです☆彡


カテドラル&夕食

DSC04891.jpg
アルカイセリアを出て、その隣にあるカテドラルの周りを半周してみました。



DSC04894.jpg
カトリックの大聖堂なのに、窓の形や彫刻にイスラムの香りがするのは気のせい??



DSC04893.jpg
調べてみましたら、最初はゴシック様式で建て始めたんですけど完成まで200年かかり、その間に装飾部分だけ一部『ムデハル様式』になったと書いてあります。 レコンキスタ後のキリスト教・イスラム教が融合したスタイルのことですね。



DSC04899.jpg
ボスが代わったら方向性も変わりますよね。



DSC04895.jpg
これはアルカイセリア側の建物だったと思います。



DSC04898.jpg
カテドラルは外からだけでも見ごたえありました☆彡



DSC04857^
さて、そろそろ晩ご飯の時間です。
昼間通りかかった時にかわいらしいビジュアルに惹かれて、「今夜はここね」と決めていたんです☆彡



DSC04900^
当然アラブ料理です♪
グラナダにはそれ以外のレストランもバルもたくさんあるんですよ^^ バルは飲み物1杯につき1皿の無料タパスが付くんですって。それも魅力的だけど、やっぱり選んだのはアラブ料理^^



DSC04858^
見てください、この凝った内装!!
椅子とテーブルの脚にまでかわいい模様が描かれているんです。



スペイン 2018_07_05_59
くつろぐわ~^^



DSC04909.jpg
ラム肉のシシケバブ。 香ばしくてスパイシーで、異国情緒たっぷりのおいしさ☆彡



DSC04908.jpg
チキンと野菜のクスクス。 タジン鍋買おうかなと思うくらいおいしい☆彡

そしてミント&キュウリ入りレモネードは最強です^^



アルカイセリア地区

DSC04874.jpg
この辺りはグラナダ市民が日常のお買い物をする商店街という感じでしょうか?



DSC04875^
ZARA HOMEもありますね。



DSC04876.jpg
1本入るだけで、雰囲気が少し変わります。



DSC04877.jpg
ありました! アルカイセリア☆彡



DSC04886.jpg
カテドラルの裏手に広がるこの地区も、アラブのお土産屋さんがぎっしり並んだ街なのです。



DSC04879.jpg
イスラム風の建物デザインがとってもきれい☆彡



DSC04884.jpg
土産物街にこのレベルって、すごくない?!!



DSC04881.jpg
売ってるものはホテル近くのアルバイシン地区と同じようなものですが、お店が広いです。
ごみごみしたアルバイシンの面白さとはまた違う魅力があります。



DSC04888.jpg
水タバコ。 
これはアラブ風カフェで気軽に体験できるらしいんです。興味あるけど、普通のタバコを吸ったことがない私たちがやったらどうなるのかわからないのでやめておきました^^;



DSC04889.jpg
パッケージがきれいなチョコレート♪
すごい重量にひるんで購入断念^^;



DSC04883^
今日はどっぷりとアラブに浸ってます♪